本学教員の研究成果が紹介されました

 5月16日(木)~17日(金)、マツダ株式会社本社(広島県安芸郡)で開催された「青森・岩手・秋田自動車技術展示会in マツダ」において、本学木材高度加工研究所の足立幸司准教授の“やわらかい木”が紹介されました。

 この展示会は、青森・岩手・秋田の企業、大学及び試験研究機関等が合同で、マツダ株式会社及び関連企業向けに、新技術や新工法及び自動車の快適性の向上に貢献できる新しいアイデア・技術を紹介することを目的に開催されております。

 当日は、約600人の入場があり、200人の方に“やわらかい木”を実際に体験していただきました。足立准教授のこの技術は、平成29年12月に出願した特許(特願2017-255397)が元になっているもので、今後、スマホケース、車内インテリア、PC筐体など幅広く利用されることが期待されております。
  ※足立准教授の“やわらかい木”については、以下もご覧ください
『フレキシブルな発想を生み出す”やわらかい木”』※環境・資源 新技術説明会(平成30年12月7日開催)」における発表資料

足立幸司准教授の研究内容はこちら