[秋田県立大学] トップページ > コラム

コラム

印刷する

“あきたぱらり” の新米を使った新メニューが提供されました

2018-11-07

“あきたぱらり” の新米を使った新メニューが提供されました

 
 11月6日、県庁食堂において、生物資源科学部の藤田直子教授(生物生産科学科)が研究を進めてきた高アミロース米“あきたぱらり” の新米を使った新メニューが提供されました。
 
 初日の6日は、しっかりとした歯ごたえとパラパラとした食感を生かしたチャーハンが出されました。”あきたぱらり“は純ジャポニカ米由来で粉っぽさがなく、チャーハンやピラフなど加工用米としての利用が期待されています。
 
“あきたぱらり”のチャーハンを味わった人たちは、「歯ごたえもあって、新感覚」「低カロリーなのでダイエットにありがたい」など大好評でした。藤田直子教授は、様々な課題に対し、真摯に地道に試行錯誤を重ね、夢実現へ向けて大きく前進しております!
 
 県庁食堂では、12月下旬まで、毎週火曜日に“あきたぱらり”を使用したメニューが提供されます。是非、ご賞味ください。

 ※11月6日のニュースでも紹介されました

 
 20181107_01.jpg 20181107_02.jpg
  
 

ページの先頭へ