AGRICULTURE
×
INNOVATION

秋田県立大学 アグリイノベーション教育研究センター

秋田県立大学
アグリイノベーション教育研究センター

スマート農業のモデル創出
持続可能な秋田の農業の実現

 アグリイノベーション教育研究センター(Agri-Innovation Education and Research Center, Akita Prefectural University)は、秋田県立大学生物資源科学部の附属施設「フィールド教育研究センター」を改編し、令和3年4月1日に設置された組織です。
秋田県農業が労働力不足・後継者不足などの深刻な課題を抱える中、「スマート農業」の普及を切り口に、農業振興、さらには製造業・情報通信業など関連産業の振興を図りながら、秋田県立大学が持つ農学系・理工学系の知見を総動員して教育・研究を行う拠点として、秋田県の持続的発展に貢献していきます。

AICの役割について
スマート畜産イメージ

AICの主な取組み

学生・社会人教育イメージ画像

学生・社会人教育

 秋田県立大学の学生を対象とした広大な圃場を活用した作物・園芸・畜産・農業機械に関する演習と実習。農業関係者・情報関係者を対象したスマート農業指導士育成プログラムなど、現場の課題を解決する人材育成プログラムを実施しています。

矢印イメージ 詳細はこちら


研究分野イメージ画像

研究分野

 AICでは作物分野[稲作/畑作]、園芸分野[野菜/果樹/花き]、畜産分野[肉用牛/飼料作]、機械・作業管理分野の主に4つの分野を研究しています。他にも交付金プロジェクトでは7つの研究課題を設け、農業の課題に向き合っています。

矢印イメージ 詳細はこちら


施設・機器イメージ画像

施設・機器

 AIC敷地内に設置されたローカル5G無線基地局を活用した5Gリモート農業や、省力化・自動化を図ることが可能なロボットトラクター、ロボット田植機、自動運転汎用コンバイン、農業用ドローンなどのスマート農機が備わっています。

矢印イメージ 詳細はこちら


スマート農業モデル創出事業イメージ画像
スマート農業モデル創出事業

 スマート農業指導士育成プログラム、交付金研究プロジェクトなどのソフトウェア事業を中心に、新研究管理棟・ロボット開発用ビニールハウスなどの施設建設や最新スマート農業設備等ハードウェア整備を行っています。

矢印イメージ 詳細はこちら


instagram




トップへ戻る