[秋田県立大学] トップページ > コラム

コラム

印刷する

全日本学生フォーミュラ大会に参戦!(後編)

2007-11-02

学生フォーミュラ APU Formula team

~「第5回全日本学生フォーミュラ大会に参戦!」(後編)~

 

機械知能システム学科 エネルギー・流体機能研究グループ 4

APU Formula Team チームリーダー 谷村 大輔

 

◎参戦レポートレース当日

今回の車両は製作日程が予定より遅れ、走行テストもままならず不安と緊張の中、大会へ臨みました。メンバー全員が車検を合格し、エンデュランス完走を果たそう!と車両にかける意気込みは強くありましたが、当日会場ではマシンを走らせるまでには至らず、残念な結果となってしまいました。

 

初日は、初の静的審査であるプレゼンテーションを無事に終え、その後、ルールに適合しているか審査する「車検」に臨みましたが、審査官の方からの指摘箇所が予想以上に多く、課題の残る初日となりました。

 

レース当日

 2日目は、車検時に指摘された部分の修正に追われて終了。3日目に2回目の車検を受け、最終日に何とか車検を通過することができましたが、安全面などの理由により、会場内で自分達のマシンが走る勇姿を見ることができませんでした。しかし、前回出場時に結果を残すことができなかった静的審査で、最下位の種目もありますが、プレゼン審査については初出場ながら37位を得る事ができ、チーム一同歓喜しています。

 

ここで、私チームの活動をご支援して下さったスポンサーの皆様には、当初チームの目標であったエンデュランス完走を果たせなかった事をチーム一同、心から深くお詫び申し上げます。今後は、今回の車両製作での反省点を次マシンに生かし、上位を狙えるチーム作りに徹したいと考えています。

 

◎最後に・・・レース当日

私はこの学生フォーミュラ活動を通して、大学での講義や研究だけでは得られない実践的な技術や知識、そして何よりも「ものづくりの楽しさ」を学ぶ貴重な体験をさせてもらいました、この活動を、ものづくりを楽しむ場としてこれからも秋田県立大学に残していきたいと心から強く願っています。

 

今大会に関して、スポンサー様のみならず、大学各関係者、大会スタッフの皆様に、私達APU Formula Teamの学生フォーミュラ活動にご協力頂き篤く御礼を申し上げると共に、スポンサー様には今後とも私チームの活動にご協力を頂きたいと思います。

 

秋田県立大学 APU Formula Team カーナンバー57 大会結果

 静的審査 プレゼンテーション 37.8 37位/59
  コスト審査 ‐26.87 58位/59
  デザイン審査 34.38 57位/59
 動的審査 アクセラレーション 0 
  スキッドパッド 0 
  オートクロス 0 
  エンデュランス 0点 
 総合   57位/59

 

 

秋田県立大学 APU Formula Team

チームリーダー 谷村大輔

E-mail:apu.formula.team@gmail.com

フォーミラチームのホームページはこちら

 

ページの先頭へ