生物資源科学部

「入学者受入れの方針」 (アドミッション・ポリシー)

 生物資源科学部では、生物資源に関する先端科学や技術、考え方を修得し、的確なコミュニケーション能力を身に付けて、問題を発見し解決するために考え行動できる人材の育成を目指す。そのために、自らを磨くことができる基礎的能力、生物関連産業や農業・農村に関する基礎知識や関心を有する人材を受け入れる。
 
1.高校教育課程で定められた基礎学力を有すること
2.明確な目標とその実現のための意欲と思考力を有すること
3.旺盛な知的好奇心をもっていること
4.必要なコミュニケーション能力があること
 

求める人材

 生物資源科学部では「入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)」で示した資質に加え、学科ごとに次のような資質を持つ人を求めている。
 
【応用生物科学科】
①生命科学や食品・醸造の専門知識と技術を学ぶために必要な生物と化学の基礎学力を有する人
②専門分野の知識や能力を高めることに対して、積極的かつ意欲的に取り組むことができる人
 
【生物生産科学科】
①植物を中心とする生命現象を理解するのに必要な生物と化学の基礎学力を有する人
②植物とその生産に関心があり、専門的知識を身につける意欲を有する人
 
【生物環境科学科】
①身の回りの自然環境に関心を持ち、フィールドの中で学び、行動することができる人
②自然と人間が共存できる新たな技術開発や社会システムの構築に意欲を有する人
③自然科学に関する基礎知識を持ち、自然への深い関心と探究心を有する人
 
【アグリビジネス学科】
①次代の農業・農村および食産業の発展を図ることに熱意を有する人
②生産から消費までの知識・技術やアグリビジネスに対して高い学修意欲と知的探究心を有する人
 

高校段階での修得が望ましい教科と内容

1.理科
生物基礎および化学基礎の知識を有していること。加えて、少なくとも生物又は化学のいずれかを履修していることが望ましい。
2.英語
 平易な英文を辞書なしで読み進められる語彙力・文法力に加え、身近な情報や自分の意見を英語で伝えられる能力を有していること。(英検準2級程度以上)
3.数学
 数学Ⅰ、数学Ⅱ、数学A、数学Bを履修していることが望ましい。
4.その他
 他の教科・科目については基礎的レベルの知識を有していること。
 

入学者受け入れの種類と方法

1.総合型選抜 
 本学での修学に明確な目標を持ち、生物・農業・環境に関連する分野の課題の解決に取り組む意欲や、表現力、主体性、協働力を判断するためのプレゼンテーションと、学びに対する関心・意欲、思考力・判断力、基礎学力などを確認するための面接と総合問題を重視する。

2.学校推薦型選抜Ⅰ 
 本学での修学に明確な目標を持ち、生物・農業・環境に関連する基礎的知識、思考力・判断力、表現力をみるための小論文と、将来、地域の発展に貢献できる人材であるかを判断するため、学びに対する関心・意欲や主体性、協働力、基礎学力などを確認するための面接を重視する。

3.学校推薦型選抜Ⅱ 
 本学での修学に明確な目標を持ち、生物・農業・環境に関連する基礎的知識、思考力・判断力、表現力をみるための小論文と、将来、地域の発展に貢献できる人材であるかを判断するため、学びに対する関心・意欲や主体性、協働力、基礎学力などを確認するための面接を重視する。

4.学校推薦型選抜Ⅲ
 本学での修学に明確な目標を持ち、生物・農業・環境に関連する分野の課題の科学的な解決に取り組む意欲などを判断するため、大学入学共通テストによる理科の学力と面接を重視する。

5.一般選抜(前期日程)
 自然科学の専門知識を修得できるかを判断するため、大学入学共通テストによる基礎学力、個別学力試験の理科と英語の学力を重視する。また、調査書で高校での主体性のある活動や態度などを評価する。

6.一般選抜(後期日程)
 大学入学共通テストによる基礎学力のほか、問題発見能力や論理的な思考力、表現力を判断するため、個別学力試験での小論文を重視する。また、調査書で高校での主体性のある活動や態度などを評価する。