朝食プロジェクト第IV弾(最終目)
10月10日(金)の最終日は,JAあきたしんせい女性部によるおにぎりサービスがあった.



鮭,ツナマヨ,焼肉の3種類の手作りおにぎりを100食分ご提供いただいた.

焼肉入りのおにぎりは珍しい.
6月に実施した際に,学生からの要望を受けて実現してくれた.
ツナマヨに大差をつけて一番人気であった.



金曜日は一週間の疲れが出る日であるが,5日間で利用者が最も多かった.
愛情たっぷりの手作りおにぎりの効果は抜群である.



今年のあきたこまちは,例年より3000円以上安い8500円(60kg)に下落し,空前の低米価となっている.
1970年に始まった米の消費量減少による生産調整は2018年に終了を迎える.
昨年末,政府が減反政策終了と突然言い出した.
無策のままでの政策放置である.
大潟キャンパスの米食をこよなく愛する先生の話では,日本人が毎日の食卓であと一杯ずつ米を食べれば減反をしなくてもよいそうである.
朝食に米食を好む若者が増えていることは,我が国の将来にとって希望の光に思える.
小規模ながら大学食堂でのおにぎり人気から,食文化の未来を感じることができた.

| 朝食プロジェクト | 10:52 | comments (x) | trackback (x) |

  
CALENDAR
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
<<   06 - 2019   >>
LOGIN
ID:
Pass:
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート