[秋田県立大学] トップページ > コラム

コラム

印刷する

最新設備で建築実験

2006-12-13

最新の実験設備を使って地震に強く快適な建物作りを目指します。

建築環境システム学科4年 郡司康浩さん 


kentiku_jikken.JPG建築構造学講座では、地震時の建物の安全性に関して研究しています。

地震が起きたときに建物がどのような被害を受けるのかを調べたり、既存の建物の耐震性について検討したりするため、最高水準の実験設備を使い、様々な実験を行っています。

実験は大変なことも多いのですが、地震時に建物がどのような被害を受けるのかを、間近で観察することができて、ともて勉強になります。

また、実験は講座の全員が力を合わせることが必要なので、協力することの大切さを学ぶことも出来ます。仲間と力を合わせて成功させることは楽しいですし、実験の成功が社会のどこかで役に立てば、とても嬉しいです。

ご注意:ご本人に代わって管理者がアップしました。


 

ページの先頭へ