全学(令和3年度以降入学者)

学士課程

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

 本学は、現代社会が直面する諸問題を解決することを目指して、下記の能力を身につけ、卒業に必要な単位を修得した学生に学位を授与する。

【知識・理解・技術】
1.各専門分野の知識・技術を習得し、活用する力を身につけている

【教養・基礎的能力】
2.幅広い教養と、外国語能力、情報活用能力、コミュニケーション能力などの基礎的能力を身につけている

【態度・志向性】
3.多様な価値観を有する人々と倫理観・責任感をもって協働することができる
4.時代の変化に主体的に対応するため継続的に学び、自律的に行動することができる

【問題発見・解決能力】
5.専門の知識・技術及び基礎的能力を統合し活用して、問題を発見し解決する能力を身につけている

【グローカル・創造的思考力】
6.地域的・国際的視点をあわせもち、また、新たな価値を創造する力を身につけている
 

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

 本学では、目的とする人材養成のため、教育課程編成・実施の方針を次のとおりとする。

【順次性・体系性を重視したクサビ型カリキュラム】
 専門の知識・技術及びそれらを活用する力と、グローカルな視点、幅広い教養と基礎的能力を育成するために、教養科目と専門教育科目の体系的な教育課 程を編成する。その際、1年次から専門教育科目を配置するとともに、3・4年次においても教養科目が履修できるクサビ型カリキュラムを採用する。

【多様な教育方法による資質・能力の育成】
 実践的な知識・技術、問題を発見し解決する力と創造力を育成するため、演習・実験・実習を重視した教育課程を編成するとともに、卒業研究を実施する。また、社会で必要となる協調性・責任感や生涯学習能力を育成するため、少人数による能動的な学修及び多様な教育方法を組み合わせた授業を行う。

【単位制度の実質化と厳格な学修成果の評価】
 登録単位数の上限設定を通して十分な学修時間を確保するとともに、卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)に対応した到達目標と、厳格な評価基準に基づいた成績評価を行う。
 

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

 本学では、次のような資質を持つ学生を受け入れる。

 1.明確な目的とその実現のための意欲と学力を有すること
 2.旺盛な知的好奇心を持っていること
 3.必要なコミュニケーション能力があること 

大学院課程

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

 本学では、以下の能力を身に付け、卒業に必要な単位を修得した学生に学位を授与する。
 
【博士前期課程】高度専門職業人として、学部教育の基礎に立って研究開発能力を育み、発展的な未来を切り開く能力を備えていること
【博士後期課程】高度技術研究者として必要な幅広い視野、企画力、マネジメント能力、討論力等を修得するための教育プログラムを展開し、高次な研究指導を行う
 

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

 本学では、目的とする人材養成のため、教育課程編成・実施の方針を次のとおりとする。
 
【博士前期課程】高度専門職業人として必要な基礎的な知識・技術から文化、倫理まで幅広い内容を学際的に学べる科目を開講し、丹念な研究指導を行う
【博士後期課程】高度技術研究者として必要な幅広い視野、企画力、マネジメント能力、討論力等を修得するための教育プログラムを展開し、高次な研究指導を行う
 

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

 本学では、次のような資質を持つ学生を受け入れる。
 
【博士前期課程】学部教育を基礎として、さらに先端的な研究を行うことにより、高度専門職業人を目指す意志を有すること
【博士後期課程】広い視野と明確な問題意識を持ち、高度な研究を通じて、問題解決に挑む高度技術研究者を目指す強い意志を有すること