建築環境システム学科 秋田県立大学リンク システム科学技術学部リンク APU-mark
建築環境システム学科 APU-mark
APU-mark
07w
Home news dept env cur 0506

Structural Engineering

構造学講座:建築構造学グループ→構造学講座のホームページ

01sese2

「実社会で役立つ構造学」をモットーに,地震や台風に強く安全な建築物を実現するための研究を行っています。

建物を災害から守るためには,建物がどのように被害を受けるのか調べる必要があります。建物の安全性が十分であるか検証し,不十分であれば適切に補強を行っていくことも欠かせません。そのため国内最高水準の実験装置を使って実地震時を想定した構造実験を行っているほか,住宅や学校の耐震安全性調査など実践的な活動も行っています。

また,コンピュータを使った数値シミュレーションや,地理情報システム(GIS)を用いた地盤の解析,建物が常に受けている細かい振動から構造を分析する常時微動観測,構造物と地盤との相互作用に関する研究,廃タイヤなどの廃棄物再利用による耐震補強工法の開発も行っています。

学内での研究・教育活動以外にも,自治体が実施している学校施設の耐震化支援,県内の業界団体が推進している建築物の品質向上のための活動支援など,地域の社会基盤整備にも積極的に参画しています。

ko

Professor Dr.

KOBAYASHI Jun

小林 淳 教授 博士(工学)

鉄筋コンクリート構造学,耐震設計論,建築構工法の開発

ni

Professor Dr.

NISHIDA Tetsuya

西田 哲也 教授(学科長) 博士(工学)

建築構造学,構造設計

cu

Associate Professor Dr.

CUADRA Carlos

クアドラ カルロス 准教授 博士(工学)

構造力学,構造解析・実験,地理情報システム(GIS)

ka

Associate Professor Dr.

KAN-NO Hideto

菅野 秀人 准教授 博士(工学)

建築構造学,免震・制振構造

oba

Assistant Professor Dr.

OBATA Akihiko

小幡 昭彦 助教 博士(工学)

建築構造学,鋼構造

(撮影中)

Assistant Professor Dr.

SAKURAI Masato

櫻井 真人 博士(工学)

建築構造学

Structural Engineering

Home:トップページ/新着情報教員・学生の受賞/活動/報道情報学科・大学院紹介教育・研究環境カリキュラムコラム就職・進学先・卒業生の声
≪大学のトップページへもどる<学部のページへもどる
Depertment of Architecture and Environment Systems, Akita Pref. Univ.