教育情報の公表

[秋田県立大学] トップページ > 教育情報の公表 > 学修の評価、卒業認定基準等

学修の評価、卒業認定基準等

印刷する

成績の評価方法(学部・大学院)

成績は、試験及び受講態度等を総合的に判断して評価されます。
成績の評価は、優、良、可を合格、不可を不合格とし、合格した場合は所定の単位が与えられます。評価点数は、次のとおりです。

評価 評価点数
80点以上
70点以上80点未満
60点以上70点未満
不可 60点未満

ただし、教授会が適当と認めた科目の成績は、合格及び不合格をもって表します。各自の成績は学内情報システムで見ることができます。

科目ごとの成績評価基準については、シラバスにより確認できます。

卒業及び学位(学部)

(1)卒業
 本学に4年以上在学して、124単位以上を習得した学生には、卒業が認定されます。
 なお、卒業に必要な単位の修得数、科目の種類、必修科目等は、各学科毎にその要件が異なりますので必ずシラバスに記載された入学年度のカリキュラム表で確認してください。

(2)学位
 卒業の資格を得た者には、学位記が交付され、次に掲げる学位が授与されます。

学部 学位
システム科学技術学部 学士(工学)
生物資源科学部 応用生物科学科
生物生産科学科
生物環境科学科
学士(生物資源科学)
アグリビジネス学科 学士(農学)

修了及び学位(大学院)

(1)修了の要件
 博士前期課程:2年以上在学し、30単位以上を修得し、かつ、必要な研究指導を受けたうえ、修士論文の審査及び試験に合格することが必要です。
 博士後期課程:3年以上在学し、16単位以上を修得し、かつ、必要な研究指導を受けたうえ、博士論文の審査及び試験に合格することが必要です。

(2)学位
 修了の資格を得た者には、学位記が交付され、次に掲げる学位が授与されます。

研究科名 課程区分 学位
システム科学技術研究科 博士前期課程 修士(工学)
  博士後期課程 博士(工学)
生物資源科学研究科 博士前期課程 修士(生物資源科学)
  博士後期課程 博士(生物資源科学)
 
教育情報の公表

ページの先頭へ