先輩インタビュー

応用生物科学科を卒業した先輩へのインタビュー

応用生物科学科の良さや入学を志望する高校生に向けたメッセージなど、卒業生の先輩へインタビューした内容をまとめています。

卒業生

 
プロフィール画像

森谷 歩香 Moriya Ayuka

株式会社アイビー化粧品 開発生産本部
生物資源科学部 応用生物科学科 2015年度卒業/大学院・生物資源科学研究科 生物資源科学専攻 2017年度修了/山形県/寒河江高校出身

化粧品を通じてすべての人を幸せにする

化粧品や健康食品の開発業務に携わっています。製品のコンセプト提案から処方開発や品質確認試験など幅広い業務を担当しています。アイビー化粧品は、製品の企画・研究開発・製造を自社で一貫して行い、販売会社を通じて製品をお客様に届けています。そのため、お客様の生の声をお聞きして、よりお客様が求めている製品を開発できると感じています。
学生時代は、グアム大学語学研修に参加しました。現地の方々の失敗を恐れず挑戦する姿、自信をもって夢を語る姿を見て、“自分自身も変わりたい”と強く感じました。自分の英語が通じたときには感動したことも強く印象に残っています。その時の経験が、現在の化粧品の研究者として、何事にも果敢に挑戦する積極性と前向きな姿勢に繋がっています。
「化粧品を通じてすべての人を幸せにする」という高校時代からの夢を実現するためにも、化粧品の処方開発に関する知識・経験はもちろん、化粧品による心理的作用やマーケティングなど幅広い知識を身に着け、柔軟な発想ができる研究者を目指したいと思います。

プロフィール画像

鈴木 真 Suzuki Makoto

株式会社伊藤園 品質管理二部二課
生物資源科学部 応用生物科学科 2015年度卒業

授業内容の多くが仕事に直結していると感じます

現在は、原材料の残留農薬分析、ご指摘品の原因追究や新製品の栄養成分表示項目の確認等の業務を担当しています。大学の授業内容の多くが仕事に直結していると感じ、特に研究室で学んだ機器分析法や食品成分量の計算は日々の業務に大変役立っています。
秋田県立大学の魅力は学生が積極的に研究できる環境が整っていることです。1年次から始めることができる学生自主研究制度では、学生発のテーマを通して、担当教員が研究方法などを丁寧に教えてくれます。さらに内容によっては学外での発表も可能です。また、学生時代はおよそ10個ものサークルに在籍していましたが、それは自由度が高い秋田県立大学だからこそできる生活だと思います。将来的には分析のスペシャリストになることを目標に、新しい分析法の確立や元分析法の簡易化、危険な試薬の使用頻度の削減ができないかと考えています。