地域貢献

[秋田県立大学] トップページ > 地域貢献 > 公開講座・公開講演会 > 平成22年度 > 「9月11日の講義内容」

公開講座

印刷する

いつでもどこでもつながる電波のやりとり
~携帯電話はどのような電波を使っているのか~

教授 礒田  陽次

初期の携帯電話は電話の機能しかありませんでしたが、現在は電話だけでなく、メールやインターネット、カメラなどの機能の他、クレジットカードや定期券の役目も果たすほど多機能になっています。このため、1種類の電波では足りず、たくさんの種類の電波をうまく利用しているのです。この講座では何種類の電波、言葉を変えると何種類のアンテナが携帯電話に使用されているか、そしてそれらがなぜ混信することなく使えるのか、実例とともにお話しします。

顔が一番、携帯電話:ディスプレイ
~液晶にする?それとも有機EL?~

准教授 本間  道則

携帯電話といって白黒の小さな液晶画面を連想したのはもう昔の話、今ではカラー液晶のディスプレイが定番となりました。また、最近では有機EL搭載機種も出始めました。これらのディスプレイは、メールの添付画像も色鮮やかに表示することができます。本講座では“液晶と有機ELはどう違うの?”といった素朴な疑問から、光と色にまつわる液晶の不思議な性質まで、皆さんが“へぇ~”と思えるような話題をご提供します。

 
地域貢献

ページの先頭へ