秋田県立大学 地域連携・研究推進センターHOME研究者総覧
礒田 陽次の顔写真
氏名 礒田 陽次
フリガナ イソタ ヨウジ
学部 システム科学技術学部
学科 知能メカトロニクス学科
職名 教授
学位 博士(工学)
Eメール isota
生年月日 1953年4月11日生まれ

経歴

1979  大阪大学大学院工学研究科修士課程卒業
1979-2002 三菱電機(株)
2002-2005 東北大学電気通信研究所 教授
2005-2008 三菱電機(株)
2008-   秋田県立大学システム技術学部 教授

受賞

1992 関東地方発明表彰発明奨励賞

専門分野

マイクロ波工学 衛星通信工学 無線通信システム 

最近の研究テーマと内容

アナログ回路の特性改善にFPGA等のディジタル回路を用いる研究を行っている。具体的には、携帯電話等の端末用電力増幅器の小型化、高効率化、低歪化のためにFPGAを用いた歪補償回路の研究をシミュレーションと実験の両面から進めている。
【研究紹介はこちら】

技術相談に応じられる分野

マイクロ波/ミリ波無線通信システム、移動体通信システム、衛星通信システムなどの無線通信技術

最近の招待・特別・基調講演題名

主な特許

特許:高周波ろ波器、偏波切換器等マイクロ波回路関連特許 約40件

主な研究論文

(1) 礒田、他、「結合係数補間形広帯域隣接帯域分波器」、信学論C Vol. J85-C, No.3, pp.158-165、2002-03
(2) Y.Isota, et al, “A Simple Design Method of the Planar Matrix Using Dielectric Substrate Metalized Both Side”, IEICE Trans. Electron., Vol.E86-C, No.2, pp.162-168, 2003-02
(3) K.Horiguchi, Y.Isota, et al, “Efficiency Enhancement of a Digital Predistortion Doherty Amplifier Transmitter Using a Virtual Open Stub Technique”, IEICE Trans. Electron., Vol.E90-C, No.9, pp.1670-1677, 2007-09

学会活動

2001-2002 電子情報通信学会 会誌編集委員会委員
2005-2006 電子情報通信学会 功績賞・業績賞委員会委員
2005-2007 電子情報通信学会 エレクトロニクスソサイエティ副会長
2005-2007 電子情報通信学会 第2種研究会「マイクロ波シミュレータ研究会」委員長
所属学会 電子情報通信学会(シニアメンバー)、IEEE(シニアメンバー)

社会活動

その他特記事項