除雪ボランティア(滝温泉)
今冬初のスコップレンジャーの出動要請がありました.

隊長から指令が下ったのは今週始めの18日.
春休み中にもかかわらず,9名の隊員が集結しました.


教員にも赤紙が届いたので,付き添いとして2名参加しました.

場所は本荘と東由利の境目の集落.
キャンパスからバスに揺られて30分くらいでした.
道路の看板には滝温泉と書かれていました.
秋田の秘湯でしょうか.


バスも入れない程の積雪量で,途中から雪中行軍になりました.
(公用車は大丈夫でした.)


市の担当者と現地の方から説明を受けています.


ここに登りなさいと.


段差を作って,


駆け上がりました.


今回の任務は,屋根の雪ではなく,


屋根から落ちた雪を取り除くことでした.


屋根は勾配が大きいので,雪の重みによる倒壊の危険はないのですが,


屋根から落ちた雪で家が横から押し潰されそうになっています.


あと1回くらい雪が落ちればアウトということで,


この雪を取り除くことが今回の任務でした.


市の職員の人たちは,消防のポンプ置き場(小屋)の除雪にあたっていました.


これだけ雪があれば,ポンプで散水しなくても,自然に消えるような気もしますが….
地域の防災と安全を守るために大切な仕事ですね.


雪止めも内側に歪んでいます.


地面まで到達するのは無理だけど,


ひたすら掘ってゆきます.


太陽も出てきて,まばゆい雄姿です.


スコップレンジャーの隊員も


先生もがんばっていました.


留学生でドクター1年の張さんです.
中国のモンゴルの方の出身だそうです.


今回は,ドクターの学生さんを中心に,留学生が5人も参加してくれました.


先が見えてきました.


雪山に登り,


スコップで上から崩して,


スノーダンプで受ける.


誰が指揮するわけでもなく,


自然とチームワークができていました.


作業効率が良かったのか,予定よりも早く午前中で終わりました.


地面は見えていませんが,このくらい取り除いておけば,今冬は大丈夫でしょう.


帰還.


除雪機が入れないので,人の力に頼るしかありません.


やっぱり最後は人です.


住んでいる人がいるからこそ,スコップレンジャーも活躍できます.


公民館でこまちのお弁当を食べて,キャンパスに帰りました.
待ち構えていた隊長に復命して任務完了です.
次回は隊長が自ら陣頭指揮を取ってくれるそうです.

スコップレンジャーは,確か40人近く登録隊員がいたはずです.
隊長が出陣する際は,全員召集になるでしょう.
楽しみにしていましょう.

今日は半日,おつかれさまでした.

| スコップレンジャー | 14:58 | comments (x) | trackback (x) |

  
CALENDAR
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<   03 - 2021   >>
LOGIN
ID:
Pass:
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート