秋田県立大学 生物資源科学部 アグリビジネス学科

農業には未来がある

Agriculture has a future

県立大ロゴ

プロジェクト教育による課題解決型学修が生み出す高度な人材

食料の生産から流通・消費までを農業生産技術、農業工学、農業経済の3つの研究分野で学ぶのがアグリビジネス学科の特徴です。
3年次より学ぶ6つのプロジェクト教育によるハイレベル学修は、高度人材を輩出し、その実績は高い就職率にあらわれています。
本学の特徴である複数の指導教員と学生が連携して取り組む「プロジェクト学修」は、「先進作物生産技術開発プロジェクト」「先進園芸技術開発プロジェクト」「家畜資源利用推進プロジェクト」「次世代農業基盤創成プロジェクト」「地域ビジネス革新プロジェクト」「政策・経営マネジメントプロジェクト」の6つがあり、学生が掘り下げたいテーマを強力にサポートすることで課題解決型の学修が可能です。
プロジェクト学修の場として使われるフィールド教育研究センターは、大学附属農場としては日本一の広さを誇り、総面積190ha(東京ドームの建築面積約40個分)、牛の飼育頭数50頭など、全国的に類を見ない規模の環境にあります。

大学外観写真

秋田県立大学生のデータ

学科を開設した2009年からのデータを掲載。秋田県内外を問わない高い就職率は、アグリビジネスの需要が高いことを指し示しています。より詳しいグラフは別ページより。

詳細を見る

就職希望者の内定率 100.0%

                  県内就職

                  県外就職

                  進学率

1815

秋田県立大学
現在の学生数

176

アグリビジネス学科
現在の学生数

353

アグリビジネス学科
卒業者数

20

アグリビジネス学科
現在の教員数

専門性を高める6つのproject

1・2年次は基礎科目の履修に重点を置き、3・4年次から6つのプロジェクトに分かれ専門性を高めた学習に。

将来の活躍の場を広げるために専門性と語学力を磨いています

2012卒業 梅村 真未

大学で身につけた研究姿勢はものづくりの基本になっています

2013卒業 伊藤 朋世

興味あるものと出会えたことが大学時代の大きな収穫でした

2012卒業 外川 裕太

幅広い知識と、研究の醍醐味に触れることができました

2010卒業 嘉藤 寿大

先輩インタビュー

最新情報

アグリビジネス学科の6つのプロジェクトから最新情報を掲載しています。