秋田県立大学 地域連携・研究推進センターHOME研究紹介

バイオマスを燃料に変換する技術および
環境に優しい複合材料の開発

機械知能システム学科 教授 邱 建輝

今進めていること

バイオマスのエネルギー変換および生分解性高分子複合材料の開発

少々詳しく言うと・・・

農業廃棄物として位置付けられている草本系天然バイオマス(稲わら、籾殻、麦わらなど)から高効率、低コストでバイオエタノールを製造します。また、そのリグニンなどの残渣も高分子表面被覆法等の表面処理によって生分解性プラスチックとの相溶性を改善させ、低コスト・付加価値の高い新規生分解性複合材料を開発します。

ここまで到達したい!

固定化酵素と酵母の開発により、最適なバイオエタノールの製造技術を確立するとともに、高性能複合材料の作製条件も明らかにします。

おまけの一言

資源の有効利用、環境問題、エネルギー問題は益々注目されつつあります。そのため、再生可能なバイオマスの有効利用による循環型社会の形成が強く求められています。農作物に伴って大量に発生しているバイオマスを再生可能なエネルギーに変換する製造技術および環境に優しい生分解性複合材料の開発は現代社会にとってとても重要です。