秋田県立大学 地域連携・研究推進センターHOME研究紹介

気象変化に強い高品質・多収作物を支える土壌環境を探る

生物環境科学科 教授 金田 吉弘

今進めていること

・窒素生産効率向上による水稲の超多収栽培
・根圏環境改善による気候温暖化条件下における水稲安定生産技術の構築
・水田における有機物及び化学肥料由来養分の動態解明
・田畑輪換の継続による土壌肥沃度の低下要因の解明

少々詳しく言うと・・・

地球温暖化により東北地域でも作物の高温障害が心配されています。そこで、変動する気象条件下においても多収が得られる土壌環境と根の関係を明らかにしようとしています。
また、有機栽培などの広がりに伴い、土壌中での有機物の動態や環境への影響を解析するとともに、将来にわたって土壌肥沃度を低下させない土壌管理について研究しています。

ここまで到達したい!

豊かな自然環境に恵まれた東北地域はわが国の重要な食料基地です。しかし、近年の異常高温などの気象変化は、イネなどの安定生産に大きな影響を与えかねません。土壌は、養分供給の場であるとともに作物と生物との繋がりの場でもあります。土壌環境を、いろいろな視点から解析し、気象変化に強い土壌条件や作物の特性を明らかにして、日本や世界の食料問題の解決に貢献できればと考えています。

おまけの一言

私たちの研究は、フィールドで問題を発見することから始まります。そして、農家の方々といっしょに問題解決の糸口を探ります。
 失敗することも多くありますが、農家の方々といっしょに喜んだり、悩んだりしながら研究を進めています。