秋田県立大学 地域連携・研究推進センターHOME研究紹介

変異体から花粉で働く遺伝子の機能を知る

生物生産科学科 助教 上田 健治

今進めていること

花粉分化の分子生物学的解析

少々詳しく言うと・・・

花粉が正常に形成されないイネの突然変異体を解析しています。これらの花粉変異体は「ある遺伝子」が破壊されたことによって花粉ができなくなるので、この「ある遺伝子」がどんな遺伝子なのかを明らかにしようとしています。

ここまで到達したい!

花粉がつくられるためには多くの遺伝子の働きが必要ですが、これらの機能を解明して、その情報を育種に役立てたい。

おまけの一言

花粉ときくと「花粉症を起こさせる悪もの」と思われるかも知れませんが、植物側からみると花粉は種子を作るためになくてはならない重要な細胞です。