秋田県立大学 地域連携・研究推進センターHOME研究紹介

遺伝子だけがゲノムじゃない

生物生産科学科 准教授 渡辺 明夫

今進めていること

染色体の高次構造が遺伝子発現、染色体複製などに及ぼす影響の解明

少々詳しく言うと・・・

細胞の核の中にある染色体上には遺伝情報をコードする遺伝子が多数存在します。しかし、個々の遺伝子のみが存在しても実際にはうまく働きません。遺伝子が働くには、もっと大きな次元での「場」が必要です。そこで、染色体の高次の構造が遺伝子の発現や染色体の複製に及ぼす影響について研究しています。

ここまで到達したい!

植物を材料にして、染色体の高次構造が様々な生命現象に影響を及ぼしていることを実証したいと思います。

おまけの一言

シロイヌナズナの変異体(変わり者)も少しずつ集めています。
植物の発熱タンパク質についての研究も行なっています。