秋田県立大学 地域連携・研究推進センターHOME研究紹介

有用植物の組織培養手法による薬理活性成分の大量生産方法の確立

生物生産科学科 助教 川上 寛子

今進めていること

 生薬の原料となる薬用植物や、地衣類を組織培養して、それら培養物が産生する二次代謝物を分析し、薬理活性を有する代謝物を探索しています。
 また、薬理活性成分を効率良く産生する培養系を構築するために、培養条件の検討も進めています。

少々詳しく言うと・・・

 植物や地衣類は、培養することで自然界で生育している時とは異なる成分を産生する現象が多く報告されています。そのため、新規な化学構造を持つ薬理活性成分の発見が期待できます。
 また、組織培養手法での生産は無菌かつ閉鎖的環境で行うので、天候や病害のリスクを回避し、持続して大量生産が可能です。さらに、薬理活性成分の生合成を促進する培養条件が明らかになれば、より効率化が望めるので、培養に用いる植物ホルモン、基本培地、糖類などを詳細に検討します。元々、二次代謝物は植物が外的要因からストレスを受け、身を守るために産生するものが多いため、生合成を促進するストレス誘導物質も探索します。

ここまで到達したい!

 これまで例のなかった植物や地衣類において、組織培養での生産システムを構築し、実用化レベルの生産性まで到達したい。
 また、植物や地衣類での二次代謝のメカニズムを培養系を用いて解明したい。

おまけの一言

多くの可能性を秘めた植物組織培養研究は、とてもやりがいのある仕事です!