秋田県立大学 地域連携・研究推進センターHOME研究紹介

開口を有するRC造耐震壁の耐震性能の解明

建築環境システム学科 助教 櫻井 真人

今進めていること

ドアや窓を有する鉄筋コンクリート造耐震壁(有開口耐震壁)を対象に模擬試験体を用いた構造実験やFEM解析を行い,有開口耐震壁の地震発生時における破壊形式や変形量,最大耐力などの構造性能を検討しています。

少々詳しく言うと・・・

現在の設計基準にある有開口耐震壁強度算定手法はかなり簡便な方法が定められています。しかし,過去の地震被害などをみると開口の位置や大きさ・個数が変わると有開口耐震壁の耐力や破壊形式は大きく異なり,非常に複雑であることが報告されています。このことから,より良い強度算定手法の構築を目指し,実験および解析の両面から有開口耐震壁の耐震性能について研究を進めています。

ここまで到達したい!

あらゆる条件の耐震壁の強度を評価できる,定量的評価手法の構築するには,まず地震力が作用した時に耐震壁内部でどのような力の流れが形成されているかを把握することが大切です。このためFEM解析により過去の実験試験体をシミュレーションし,力の流れを確認します。この結果を基に有開口耐震壁のせん断強度評価式を考えていきます。

おまけの一言

このような耐震壁は建物の多くに見受けられます。いずれも安全側に設計されており倒壊の危険は少ないですが,一刻も早く全容解明することが望ましいと考えています。