秋田県立大学 地域連携・研究推進センターHOME研究紹介

特殊環境下におけるエタノール燃焼メカニズムの解明

機械工学科 准教授 大上 泰寛

今進めていること

バイオ燃料の一つでもあるエタノールについて,その燃焼反応メカニズムの解明を目指して研究を進めています.

少々詳しく言うと・・・

燃焼は,燃料と酸素が化学反応を起こすことにより生じていますが,このような反応過程は,一般的に数千の化学反応が同時に起こる極めて複雑な現象であり,さらに圧力・温度・濃度が違う条件では,その様相は大きく異なります.
我々は,広範な条件下における燃焼反応メカニズムの解明を目指し,研究を進めています.

ここまで到達したい!

ガスタービン,自動車用エンジン等の実用燃焼器内においては,高温・高圧といった特殊な環境下において燃焼が行われています.このような特殊な条件下における燃焼反応メカニズムの解明することで,実用燃焼器の高効率化や有害排出物の低減に貢献することを目的として研究を行っています.

おまけの一言

本研究では,測定および数値解析等の様々な手法を用いて研究を行っています.