秋田県立大学 地域連携・研究推進センターHOME研究紹介

熱エネルギーの高効率な利用

機械知能システム学科 助教 大徳 忠史

今進めていること

 地球温暖化・資源枯渇の問題は日本に限らず地球規模で検討するべき課題です.このような背景から「熱エネルギーの高効率な利用」をテーマに研究を行っています.

少々詳しく言うと・・・

 熱エネルギーの高効率な利用や変換,貯蔵のためには,その伝熱過程および伝熱現象が重要です.相変化現象は,優れた熱伝達特性,大熱容量,そして恒温性を有するという特徴があります.この相変化伝熱現象に関する特性の解明および有効利用について,固液相変化伝熱を利用する電力ピークカットのための冷熱蓄熱のほか,微細多孔質体内の蒸発・凝縮を含む熱・物質伝達特性について研究を行っています.
・包接水和物固相の冷却伝熱面への生成・付着・剥離特性に関する研究
・潜熱蓄熱材の探索,新システムの考案
・固体高分子形燃料電池(PEFC)スタック内における微細多孔質内の物質伝達特性に関する研究

ここまで到達したい!

 微視的な空間における現象の熱的計測,微細構造を有する物質内部における熱や物質挙動を計測するシステムや手法の確立

おまけの一言

 エネルギーは生活・経済活動を支える不可欠なものです.今まさに,エネルギーの有効利用について再検討するべきときだと考えています.熱工学の分野から役立つ提案を発信できたら幸いです.