秋田県立大学 地域連携・研究推進センターHOME研究紹介

酸化物系熱電変換材料の開発

知能メカトロニクス学科 助教 長南 安紀

今進めていること

熱を電気に変えることの出来る材料(熱電変換材料)の研究を行っています.

少々詳しく言うと・・・

熱電変換とは熱を直接電気に変換する方法の一つです。発電機等の機械部分がないため軽量化がしやすく,また途中で運動エネルギーに変換せずに直接変換するため, 変換損失の低減に有効とされています。
また現在では,自動車のエンジン,ゴミ処理場等において発生している熱がそのまま廃熱として捨てられています.したがってそれら廃熱と熱電材料を組み合わせることによってエネルギーの効率的な回収が期待できます.

ここまで到達したい!

現状の熱電変換材料で,実用に耐える性能とコストを兼ね備えている材料は殆ど見つかっておりませんのでセラミックを使った優れた熱電材料を研究して行きたいと考えます.

おまけの一言

石油や石炭などの化石燃料に変わる代替エネルギーの開発およびその安定供給は私たちの未来に必須であり,熱電材料もその中の重要な一つなると考えています.