秋田県立大学 地域連携・研究推進センターHOME研究紹介

異種材料複合構造および一体成形品の創製とその接合技術の開発・評価

機械工学科 助教 境 英一

今進めていること

異種プラスチックや金属‐プラスチック、バイオマス‐プラスチックなどの新しい異種材料複合構造を創製する接合技術の開発

少々詳しく言うと・・・

樹脂/金属などのような異種材料の接合は、接着剤やネジなどの機械的締結を用いるのが一般的ですが、VOC排出や重量増加などの問題からその代替接合技術が求められています。私は、接着剤やネジなどの機械的締結を用いずに、異なる樹脂/樹脂、樹脂/金属、バイオマス/樹脂などの接合体を創製する技術の開発に挑んでいます。金属やフィラーの表面改質、中間層を用いた射出接合などの新しい技術を提案し、それにより作製された接合体の強度や界面構造に及ぼす成形条件などの影響を分析することで、その実用化を目指しています。

ここまで到達したい!

近年、特に自動車などの輸送機分野において、軽量化による燃費改善およびCO2排出削減を狙いとした材料転換が次世代機開発に取り入れられているため、異種材料からなる複合構造体や新規異種材一体成形品の創出が要求されています。私はこれらの分野の要求を満足する接合体を創製する技術の実現を目指しています。

おまけの一言

現在、生分解性プラスチックなど、様々な新規材料が提案されていく中、接合技術はますます重要なキーワードになるはずです。