秋田県立大学 地域連携・研究推進センターHOME研究紹介

雌遺伝資源の有効利用に関する研究

アグリビジネス学科 准教授 横尾 正樹

今進めていること

卵巣内に眠る雌遺伝資源(卵子)を有効利用して,効率的に家畜生産を行うことができないかを考えています。

少々詳しく言うと・・・

秋田県では,毎年,約2,500頭の雌牛が食肉用として屠殺されています。通常,卵巣は食用となることはなく,廃棄されますが,この卵巣内には数十万個の雌遺伝資源(卵子)が存在しています。将来的に,卵巣内の全ての卵子が利用可能になれば,優良雌牛1頭の卵巣から数十万頭の子牛を生産させることも可能になり,次世代型の家畜生産技術として期待できます。家畜を生産する際に,屠殺された雌牛の卵巣を有効利用できれば,貴重な雌遺伝資源のリサイクル(資源の再利用,循環)になりますし,さらには,消費地から生産地への循環にもなります。

ここまで到達したい!

体外培養技術を応用して,卵巣内の卵子からできるだけ多くの家畜を,効率良く生産する技術を開発したいと考えています。

おまけの一言

近年,家畜生産(家畜繁殖)の技術は,ヒト不妊治療(生殖補助医療)に応用されています。将来的には,医学への応用・展開も視野に入れて研究したいと考えています。