秋田県立大学 地域連携・研究推進センターHOME研究紹介

^貳未忙埔譴納莪されることのない環境や資源の
経済価値の算定
効率的な地域資源管理と持続可能な地域経済発展

経営システム工学科 准教授 Associate Professor 嶋崎 善章 Yoshiaki Shimazaki

今進めていること

ヾ超(自然環境だけでなく、人や生物をとりまく外的なものすべて)という希少資源は人間の経済活動に利用されています。しかし、共有資源や公共財といった特徴を有する場合、過剰利用や整備不足の問題に直面します。このような問題を解決するには、環境の持つ潜在的な価値を明らかにする必要があります。環境価値をその費用や便益から経済的に評価することで、合理的な意思決定に結び付けられると考えています。
⊃肯咾覆匹虜得顕椎修併餮擦蓮∪長過程で施す管理の方法如何で利用できる資源の量が影響されます。そこで、どのような管理方法が最適かを知る必要があります。

少々詳しく言うと・・・

,砲弔い童什濆圓辰討い觚Φ罅愴郎湖における環境資源と外来生物規制の影響評価』では、八郎湖のレクリエーション資源利用者による環境の価値付けが、規制前後でどう変化したかを調べています。経済学の力を借りると、環境の変化が個人にどのような便益(または不利益)を与えるのかを経済的に評価できます。このようにして得られた知見は、今後その資源をどう利用していくべきかということを判断する客観的な材料となります。
△砲弔い童什濘覆瓩討い訖肯售浜の研究では、最適な間伐方法が何であるかを調べています。これまでの研究は森林単位の大雑把な管理方法が主体でした。しかし、私たちの研究では、個々の木の生長を左右する要因に注目し、単木単位でどの木を間伐すればよいのかがわかる管理方法の確立を目指しています。

ここまで到達したい!

秋田県は天然資源や観光資源が豊富だとされていますが、その価値や管理方法がよくわからないことで積極的な利用や整備が促進されていないと思います。「こういった価値があるから、このような利用を推進しましょう」、「こういった管理方法で管理するとこれだけの資源が利用可能になりますよ」といった提言ができるところまで研究を進めたいです。

おまけの一言