秋田県立大学 地域連携・研究推進センターHOME研究紹介

植物や微生物が生産する生物活性天然有機化合物の探索と合成

応用生物科学科 准教授 常盤野 哲生

今進めていること

生薬や微生物由来の生物活性物質の探索や、食用作物に含まれる成分分析、有機合成研究をしています。

少々詳しく言うと・・・

生物活性物質には色々なものがありますが、例えば、抗菌性や抗腫瘍性を指標にして、これまでに見つかっていない新しい有機化合物を探しています。新しい天然有機化合物は、まずは構造を決めなければならないので、NMRやMS分析などを駆使して解析をします。これまでは主にテルペノイドに注目して研究を行ってきました。テルペンは、イソプレン単位が重合した単純な鎖状の分子から出発して、生体内の化学反応により環状化することで多様な炭素骨格を与える興味深い化合物です(図)。また、種々の有用な生物活性物質が知られています。
有機合成は構造決定のためにも行ないますし、分子構造を少し変えた化合物を合成することで、構造と活性の相関を明らかにすることができます。

ここまで到達したい!

自分が構造決定した化合物の生合成過程の研究や、天然分子の構造をヒントにした新しい生物活性有機化合物の合成に取り組んでいく考えです。さらに、生物活性を発現する機構や、標的タンパクとの相互作用の解明をしたいと思っています。

おまけの一言

植物や微生物は、その地域ごとに含まれる成分が異なったりしますので、秋田産の植物に特有の化合物が見つかると面白いですね。