秋田県立大学 地域連携・研究推進センターHOME研究紹介

人を理解するコンピュータシステム

情報工学科 准教授 石井 雅樹

今進めていること

 マンマシン間の自然な対話(HCI, MMI)の実現を目指し、顔表情から感情を推定する手法(感情特徴空間の生成手法)に関する研究を行っています。
* HCI: Human Computer Interaction
* MMI: Man Machine Interaction

少々詳しく言うと・・・

 情報機器の利用環境やニーズが多様化する中、今後のシステム開発(コンピュータ、ロボット、機械)は「もっと人を“理解”する」方向へ進んでいくと考えます。
・システムの機能を重視
        ⇒ 利用者のニーズを重視
・人が機械に合わせる
        ⇒ 機械が人に合わせる
 表情は、意図、感情といった人間の内面に湧出する情報を表現し、会話中の意思の伝達に大きく寄与していることが報告されています。表情から利用者の感情を推定することにより、“個々人が手応えを感じるインタフェース”の提供が可能になると考えています。

ここまで到達したい!

【機械、ロボットへの人間の認知機能の実装】
 認知とは、人間が外界の対象を知覚し、それが何であるかを判断、解釈する過程を言います。本研究では、顔の認知を対象とし、
「顔から言語情報を抽出する方法(センシング)」と「得られた言語情報を非言語情報(感情など)に結び付ける方法(知能化)」を明らかにし、機械、ロボットの知能がどうあるべきかを追及したいと考えています。

おまけの一言

 本研究の要素である画像処理技術、知能化技術(ニューラルネットワーク)は古くて新しい技術分野です。身近には、これらを応用することによる“解決可能な課題”及び“挑戦的な課題”がまだまだ多数存在すると感じています。これらの要素技術,課題を通じ、活発な教育、研究、社会貢献に取り組んでいきたいと考えています。ご興味がありましたら、地域内外を問わず“お気軽”にご連絡いただければ幸いです。