秋田県立大学 地域連携・研究推進センターHOME研究紹介

緑膿菌の環境適応と病原性発現に関する分子生物学的研究

応用生物科学科 教授 福島 淳

今進めていること

 緑膿菌は自然環境や病院の中、さらに人の体内など、様々な環境に適応して生活しています。また、この菌は通常健康な人には病原性を示すことはありませんが、抵抗力の低下しているような人には感染することがあるため、日和見感染菌と呼ばれています。しかし、一旦感染を起こすとその薬剤耐性等により、治療が難しい場合があります。現在はこの菌の様々な環境での病原因子の発現を調べて、その発現制御機構を解明することを目指しています。

少々詳しく言うと・・・

 緑膿菌はある種の化学物質を数種類生産し、個々の細胞間で情報のやり取りをしていることが最近分かってきました。この情報の伝達は、緑膿菌の病原因子を含む様々な因子の遺伝子発現に関与していることが報告されています。実際には菌が増殖し、その数が増えるに伴ってそれらの化学物質の濃度が高まり、その結果あるグループの遺伝子の発現が誘導されます。この誘導課程を阻止すれば病原因子の産生や菌の増殖が抑えられる可能性があり、治療や予防に役立てられると考えられます。

ここまで到達したい!

 緑膿菌は現在の高齢化社会において、ますますその重要性がましています。実際に高齢者になるとその感染を起こす確率は高くなると考えられます。将来的にはこの緑膿菌の感染症の完全撲滅を目指して、様々な研究グループと共同で研究を進めています。

おまけの一言

 緑膿菌は、例えば大腸菌などの他の多くの細菌に比べて遺伝子の数が多く、元々様々な環境に適応する能力を持っていると考えられています。しかし、大腸菌と同様に、ゲノムの解読が済んでいるにもかかわらず、未だにどのように環境に対応して遺伝子のスイッチを切り替えているかなど、そのライフスタイルは分かっていません。生物学的にもその環境適応能力は大変興味深いものであると考えられます。