秋田県立大学 地域連携・研究推進センターHOME研究紹介

自治体向け地理情報システムの研究

建築環境システム学科 准教授 浅野 耕一

今進めていること

自治体が使う地理情報システムの研究開発と,その経済効果(全体の行政コストがどのくらい減ったか)などについての検証

少々詳しく言うと・・・

地理情報システムは,電子地図とデータベースが一体になったもので,インターネットにあるヤフー地図やグーグルマップ,車に付いているカーナビゲーションシステムもその一種です。この地理情報システムを,自治体が使うことで同じ仕事なら今までより早く終わらせられて,同じ時間なら,もっと良い仕事ができます。

ここまで到達したい!

自治体にとって,地理情報システムを入れることでの経済効果が,どの程度あるのか,検証して,明らかにした例はほとんど無いので,これを行います。

おまけの一言

由利本荘市に,私たちの研究成果を採用した,新しい仕組みの地理情報システムが導入されました。このシステムは,過去に入れた情報を時間の流れに沿って残しておけたり,それぞれのパソコンに細かく分かれた情報をひとつにまとめたりするなど,今までなかったけど,本当は必要だった機能が,多く取り入れられています。これからの活用が楽しみです。