秋田県立大学 地域連携・研究推進センターHOME研究紹介

木材の安定的な需給体制の整備と
建築物における上手な使い方

木材高度加工研究所 准教授 川鍋 亜衣子

今進めていること

1)秋田スギを中心とする地域資源及び木材製品の安定的な需給体制の整備
2)木材を使った建築物の生産・構法システムの開発・提案

少々詳しく言うと・・・

1)秋田スギ等の有効利用を図るため、建築・土木用材の安定的な需給体制と情報管理システムを構築する。
2)木質材料の適性や建築物の設計・施工・生産等の特徴に配慮した構法システムを提案する。

ここまで到達したい!

1)地域の林産資源や木材製品について、素材生産から加工・利用・廃棄・再利用に至る一連の複雑な流れを整理し、生産者と利用者に対して有効な情報を提供する。
2)木材による魅力的な建築物と景観を形成するため、木質材料の適性を活かした構法システムや生産手法を実際の建物に応用する。

おまけの一言

継続的・循環的利用の基盤である未利用資源の活用や木質廃棄物等の再利用・再資源化にも着目する。