秋田県立大学 地域連携・研究推進センターHOME研究紹介

数理モデル・統計・数理意思決定手法
などの研究をしています

経営システム工学科 准教授 星野 満博

今進めていること

確率的逐次決定過程とその応用に関する研究.自己組織化マップにおける整列化・吸収状態に関する研究.その他,理論と計算機による各種計算・シミュレーションを併用して,数理統計,確率モデル,応用数学に関するものを広範囲に扱っています.

少々詳しく言うと・・・

例えば,確率的逐次決定過程について少々詳しく述べるならば,不確実性を伴う対象を扱う意思決定モデルの一つであり,時間パラメ
ータ,システムの状態,推移確率,アクション,利得(または損失)関数などにより構成される.時間とともに確率的に変動するシステムを扱い,そこで生じる利得・損失についての最適戦略を探すことを目的とする意思決定モデルである.(下の右上の図を参照)
一般に意思決定要素に,天候,株価,競合他社の動向,機械の故障,など,容易にコントロールできない(確率的)対象が含まれていることが少なくないが,このような確率的,非確定的要素が含まれると,同時に意思決定の難易度が増す.確率的逐次決定モデル
は,確率的要素と意思決定者がコントロール可能な確定的要素の両方が含まれる対象を扱うことと,逐次決定性を特徴としている.在庫管理モデル,機械メインテナンスなど多くのモデルがあります.

ここまで到達したい!

前述の内容は研究の一部に過ぎませんが,様々なツールを用いて経営に関わる意思決定を促進するモデルの構築と意思決定手法の発展に努めます.(左下の図)

おまけの一言

研究だけでなく,非力ながら地域の科学教育に貢献したいと思っています(特に算数・数学です).