秋田県立大学 地域連携・研究推進センターHOME研究紹介

ユビキタス環境に適した管理会計システムに関する研究

経営システム工学科 教授 朴 元熙

今進めていること

原価計算システムの構築と活用に関する研究, ビジネスゲームの構築と活用に関する研究, 会計情報システムに関する研究, 原価企画システムに関する研究, ライフサイクルコスティングに関する研究, E-Businessに関する研究, E-Learningに関する研究, データベースマーケティングに関する研究などを行っています。

少々詳しく言うと・・・

IT 革命は,単にE-Business の分野に限らず,さまざまな産業および公共団体,個人にまで大きな影響を及ぼしています.本研究ではIT に関連したいくつかの技術を用いてユビキタス環境に適したシステムの構築および使用に関する研究をめざしています.

ここまで到達したい!

ユビキタス環境に対応した管理会計システムなどを構築し, 経営計画の段階でその結果が予測できるようにしたいです. いわゆる, 経営のプランニングとコントローリングの“可視化”をめざしたいです. なお, その可視化はいつでもどこでも(すなわち、ユビキタス)経営のプランニングとコントローリングに役立てなければなりません.

おまけの一言

下記のMVC(Model, View, Control)モデルを用いて、システムの構築を図ります. すなわち, Model ではJavaBeans およびEJB を使用し, View ではHTMLやJSP を用い, Control ではJava サーブレットというように役割分担を持たせた方法です.