秋田県立大学 地域連携・研究推進センターHOME研究紹介

マルチモーダル情報知覚における感覚間相互作用の解明とその応用

電子情報システム学科 助教 安倍 幸治

今進めていること

互いに関連を持った視聴覚刺激がお互いの知覚どのような法則で影響を及ぼすのかを明らかにすることを目標としています.

少々詳しく言うと・・・

生活空間には多くのモノが存在しており,私たちはこれらの情報を視覚(光)や聴覚(音)を介して取得しています.個々の情報経路は独立であるにもかかわらず各感覚情報は相互に影響を及ぼし合うことはよく知られています.しかし,その詳細については未だ解明されておらず,興味深い研究テーマであると言えます.

ここまで到達したい!

物理的な関連性に着目することで,視聴覚情報を利用した知覚判断において,視覚及び聴覚情報のどちらがどの程度優先されるのか,もしくは抑制されるかを明らかにし,視聴覚情報の統合モデルを提案したいと考えています.

おまけの一言

具体的な応用として,音環境デザインや,学習型ソフトウェアなどにおけるより効果的なサウンドエフェクトなどを提案できるようになれば良いなと思います.