秋田県立大学 地域連携・研究推進センターHOME研究紹介

成熟型の社会にふさわしい都市計画の立案及び実施

建築環境システム学科 教授 山口 邦雄

今進めていること

時代変化に対応した,持続可能な都市づくりとそれを支える仕組みを研究しています。

少々詳しく言うと・・・

少子・高齢化に伴う人口減少により、拡大成長を前提とした都市計画のあり方に見直しが迫られています。そして、それを解く鍵の一つに、近年各地で急速に展開されるようになった「市民まちづくり」があります。この研究は、こうした市民の創造性を都市計画に如何に組み込むかを明らかにし、真に豊かな都市・地域空間の形成と保全を目指すものです。

ここまで到達したい!

計画立案から実施、さらに評価まで含めた参加型の都市計画モデルを構築し、まずは小さな都市において総合的な実践を展開したいと思っています。

おまけの一言

机上の研究にとどまらず、現場に出向いての調査・共同作業等を通して研究を深めることが重要と考えます。その際、学生さんらのみずみずしい感性がとても重要となります。一緒に議論し、汗もかきましょう!