秋田県立大学 地域連携・研究推進センターHOME研究紹介

建築物の耐震性能の向上を目指して
― 耐震設計・耐震補強・耐震対策 ―

建築環境システム学科 教授 小林 淳

今進めていること

建築物の構造性能評価手法を見直し、合理的な建築物の設計法と補強法を提案すること

少々詳しく言うと・・・

建築物の耐震性を確保するためには、地震力の強さを評価し、それによる建築物の挙動を調べ、建築物が十分な構造強度を持っていることを確認する必要があります。そこで、地震力が作用した場合に建物の各部分に作用する力と部材強度の関係を調べ、より安全な建築物の設計法について検討しています。

ここまで到達したい!

建築物の地震被害を無くすことを目標として、新築建物の設計法に関してはもちろんのこと、既存建築物の耐震補強方法についても、新しい提案を行っていきたいと考えています。また、これまでに得られた成果を地域に普及することも大切な責務と考えています。

おまけの一言

いつかは分かりませんが、過去の経験からも明らかなように、地震は必ず発生します。いざというときに備えて、地道な努力が必要です。