秋田県立大学 地域連携・研究推進センターHOME研究紹介

地域の気候に適った建築デザインのために…環境設計支援ツールの開発

建築環境システム学科 教授 松本 真一

今進めていること

地域の気候に呼応した環境設計手法に関する研究および一連のコンピュータ支援ツールの開発

少々詳しく言うと・・・

地域の気候に呼応した建築デザインを追及するための合理的な設計手法を研究し,その道具立て(環境設計支援用ソフトウェア)の開発を進めている。基盤となる気象データベースと分析ツールの開発を終え,目下,これとリンクした熱,湿気,空気環境の性能予測ツールの研究開発を他大学の研究者らと共同で進めている。

ここまで到達したい!

「建築設計の過程で,環境性能の数値予測技術をもっと簡単に活用できないか?」という発想から始まった研究で,小住宅程度の設計であっても,CAD と連動して諸性能の予測結果が得られ,設計内容が合理的に評価できるようになる日が来ることを夢想している。
ゴールに際限はないような気がするが,研究成果が「環境設計」や「環境性能の保証」という概念を根付かせる一助となれば,それをゴールと考えたい。

おまけの一言

キャンパス内にある実験住宅のアースチューブシステムは,ここで述べた開発済みの気象データベースとツールを用いた分析結果から構想された(下図参照)。