秋田県立大学 地域連携・研究推進センターHOME研究紹介

建築物の耐震性能評価に関する研究
―鉄骨造筋違の補強効果―

建築環境システム学科 教授 西田 哲也

今進めていること

既存鉄骨造建物の耐震性能向上のために耐震補強の効果を確認し、適切に評価すること。

少々詳しく言うと・・・

学校の体育館などを耐震補強する場合、鉄骨筋違の接合部を溶接によって補強する工法が用いられることがあります。しかし、現状ではこの溶接の補強効果が十分解明されていない感があり、より合理的な補強設計のために構造実験とFEM 解析によってその効果を確かめようとしています。

ここまで到達したい!

筋違の溶接補強による効果について力学的に解明し、より合理的な補強設計手法を提案したいと思っています。
そして、この手法が一般的に使われるようになり、既存鉄骨造建物の耐震性能向上に寄与できればと思っています。

おまけの一言

私が大学で行う研究は、企業などでの開発研究とは異なり、地道かつ基礎的で、その成果が広く一般に使われるものでありたいと思っています。ただ、企業での経験を活かして、技術開発などにも積極的に取り組みますので、よろしくお願い致します。