秋田県立大学 地域連携・研究推進センターHOME研究紹介

多次元信号処理とシステム制御

電子情報システム学科 教 授 徐 粒

今進めていること

多次元信号処理とシステム制御の研究、及びそのロボット制御やスマート(知的)材料・構造システム制御などへの応用。数学道具として、計算機代数学の制御理論への応用についても研究。

少々詳しく言うと・・・

時間の他に空間の広がりも考える多次元信号処理とシステム制御は、下に示すように多くの先端的な応用分野を持っている。特に、ロボットの学習制御やスマート構造システムの制御への応用が期待されている。しかし、従来時間だけを考える場合と全く異なる数学性質を持つため、新しい理論と方法の構築が必要不可欠。現在、多次元制御系の解析、設計とモデル構築などについて国際的にもリードする成果を挙げている。

ここまで到達したい!

従来の時間のみを考える理論結果を特殊ケースとして含む多次元制御理論体系を確立。多次元システムに関する研究成果を用いて、金型の自動加工やスマート構造のアクティブ・アダプティブ制御などの新しい技術を開発。目下は、最近得たより高精度・低次数でシステムのパラメータ変動などの不確かさをモデリングする成果を実用化し、航空機・自動車など実際のシステムのロバスト(頑丈な)制御に役立たせたい。

おまけの一言

竿灯を操る妙技がいろいろあるが、2段または3段の棒で作った竿灯ならどうなるかな?また、一人で2本の竿灯を同時に立てられるかな?しかし、そう簡単ではないが、うまく制御法則を考えれば機械に立てさせることが可能。自動制御の妙技に挑戦してみないか?