秋田県立大学 地域連携・研究推進センターHOME研究紹介

“今、農村はファッショナブル”
―グリーン・ツーリズムで癒しの世界を―

アグリビジネス学科 教授 荒樋 豊

今進めていること

住民主導の農村地域づくり、グリーン・ツーリズム、農村の起業について考えながら実践する

少々詳しく言うと・・・

過疎化・高齢化という問題を前にして、今、日本の農村は元気がない。この農村を活性化するにはどうすれば良いのだろうか。また、住民の手による地域づくり手法とはどのようなものなのか。グリーン・ツーリズム等の活動を企画・実践しながら、現代社会に対して持つ農村の価値を改めて考える。

ここまで到達したい!

農村に暮らす人々が、穏やかに生活でき、自らのふるさとに誇りを取り戻すことを目標に掲げている。また、農産物や農村空間を介した相互交流により、都市と農村との豊かな関係の構築を目指している。

おまけの一言

農村には様々な魅力が眠っている。昔から人々が育んできた農村の文化、子供の頃の思い出の象徴でもある川遊びや山菜採り、継続され守られてきた生活技術(暮らしの知恵)や食文化など。農村に入って、住民の言葉に耳を傾け、このような宝物を探し出してみませんか。