秋田県立大学 地域連携・研究推進センターHOME研究紹介

植物抗病・傷害ストレス応答分子機構
に関する生物有機化学研究

応用生物科学科 准教授  王 敬銘

今進めていること

植物の病原菌抵抗性・傷害ストレス応答機能を発現するためには、シグナル伝達物質であるジャスモン酸が中心的な役割を果たしている。本研究では、ジャスモン酸生合成を制御する生理活性物質を創製するとともに、その作用機構解析研究を進めている。

少々詳しく言うと・・・

ジャスモン酸生合成経路に重要な酵素(allene oxide synthase)を特異的に阻害する化合物を設計・合成し、それを用いて、植物のジャスモン酸生合成を制御する。

ここまで到達したい!

ジャスモン酸生合成阻害剤を用いて、植物に与えることによりジャスモン酸生合成を制御し、それに由来する植物生理カスケードを分子レベルで解析する。

おまけの一言

本研究で得られた新規生理活性化合物は、植物成長調節剤として利用する可能性がある。