秋田県立大学 地域連携・研究推進センターHOME研究紹介

新しい機能を持つ材料

機械知能システム学科 助教 奥村 肇

今進めていること

外部磁場に反応して動作する新材料の開発
超音波を用いた特性測定

少々詳しく言うと・・・

製品の中には様々な機能をもつ材料が組み込まれています。材料そのものが製品になることはないので分解してみないと良く分かりませんが、日常的に使うものの中にも機能性材料は多く使われています。今までにない機能を持つ材料を創ることができれば、それを応用した新製品につながります。

ここまで到達したい!

材料を創るのは地味な仕事です。目立たないという事もありますが、予測できないのが最大の難点だと思います。実際に作って特性を調べなければ、何ができるか分かりません。材料の特性を事前に予測する何らかの手段を見つけたいものです。

おまけの一言

機械系の学部ですが、金属・材料(マテリアル)関係の研究をしています。物理科卒業ですので、考え方が工学部的ではないなと感じます。