秋田県立大学 地域連携・研究推進センターHOME研究紹介

畑作物(麦、大豆など)および雑草の生態の解明とその応用

アグリビジネス学科 教授 露 浩

今進めていること

・ムギ類、ダイズ等畑作物の遺伝資源の収集・評価
・ムギ類、ダイズ等畑作物の生態および栽培に関する研究
・畑雑草の生態、防除・利用等の研究
・農業教育に関する研究

少々詳しく言うと・・・

・オオムギやコムギの在来品種等の生態的性質を評価しています。
・ダイズやムギ類など畑作物の栄養器官の成長と子実の発育の関わりや栽培に関する研究をしています。
・畑の雑草の生態、防除・利用さらに雑草と文化(遊びと食など)について研究しています。
・農業教育のあり方について、栽培サ−クルの実態調査等を基に考察しています。

ここまで到達したい!

畑作物において農業上有用な遺伝資源を見つける・適応の実態を明らかにする・多収のための栽培技術を確立する、雑草の生態研究により防除法および利用法を提示する。これらにより、秋田、日本および世界の食料や環境の問題に、少しでも役立ちたいと考えています。
また、これからの農業・農村を支えていく学生達への新しい教育メニュ−を作っていきたいと思います。(文科省学生支援GP「薫風・満天フィールド交流塾」では塾長を務めています。)

おまけの一言

海外(インド,ブ−タン,チベット高原など)での遺伝資源調査は、日本の農業・農村を考える上での良い経験ともなっています。
雑草の生きるための工夫には、いつも感心させられます。