秋田県立大学 地域連携・研究推進センターHOME研究紹介

細胞運動の抑制に寄与する細胞間接着の増強と、その分子機構の解明

応用生物科学科 教授 村田 純

今進めていること

癌転移形成に重要な細胞運動を抑制するメカニズムの解明 ― 特に、細胞間接着の増強による細胞運動の抑制機構について

少々詳しく言うと・・・

転移しやすい癌細胞は運動性が高いことが知られてます。したがって、癌細胞の運動性を抑制できれば癌転移は抑制されると考えられます。癌細胞同士の結合性が高まると、個々の細胞の自由度が低下し、細胞の運動性が低下します。この細胞同士の結合が強くなるしくみを分子レベルで解明しようとしています。

ここまで到達したい!

癌細胞同士の結合(細胞間接着)を増強することで運動性を抑制するような、癌転移抑制剤の開発を目指したい。

おまけの一言

腎臓の機能を調節するバソプレシン(AVP)が、腎癌細胞の運動性を抑制すること、その運動抑制は細胞膜上のカドヘリンタンパク質の発現亢進による細胞間接着の増強に基づくこと、さらにその接着増強には転写因子:TFEB及びTFECが関与していることを最近見出しました。