秋田県立大学 地域連携・研究推進センターHOME研究者総覧
小林 正之の顔写真
氏名 小林 正之
フリガナ コバヤシ マサユキ
学部 生物資源科学部
学科 応用生物科学科
職名 教授
学位 医学博士
Eメール makoba
生年月日

経歴

学歴:
昭和59年3月 帯広畜産大学畜産学部卒業
昭和61年3月 帯広畜産大学大学院畜産学研究科修士課程修了
平成 2年3月 群馬大学大学院医学研究科博士課程修了(内分泌研究所 [現・生体調節研究所])
職歴:
平成元年4月−平成3年3月  日本学術振興会 特別研究員(於 群馬大学内分泌研究所・農林水産省 畜産試験場)
平成3年4月−平成8年9月   森永乳業(株)生物科学研究所
平成8年10月−平成12年3月 秋田県立農業短期大学・同短期大学部 助教授
平成12年4月−平成25年3月 秋田県立大学生物資源科学部 助教授/准教授
平成25年4月−現在に至る  秋田県立大学生物資源科学部 教授(動物分子工学研究室) 

受賞

・菊地 貴裕(大学院修士課程H28年3月修了),東北畜産学会賞(奨励賞第19号,H29.8.18),受賞研究課題「非ウイルスベクターによる動物iPS細胞の高効率な樹立技術に関する研究」(指導教員)
・佐藤 由貴(大学院修士課程H27年3月修了),東北畜産学会学会賞(奨励賞第18号,H28.9.6),受賞研究課題「マウス初期胚から発見した新規転写因子EGAM1ホメオタンパク質群と細胞分化の関連に関する研究」(指導教員)
・伊波 百恵(大学院修士課程H24年3月修了),東北畜産学会学会賞(奨励賞第17号,H27.8.27),受賞研究課題「マウス初期胚から発見したホメオタンパク質EGAM1Cの細胞増殖と分化における機能に関する研究」(指導教員)
・菅原 彩子(大学院修士課程H26年3月修了),東北畜産学会学会賞(奨励賞第16号,H26.9.11),受賞研究課題「家畜体外受精胚の受胎率向上を目指した遺伝子組換え線維芽細胞増殖因子4(FGF4)の生産に関する研究」(指導教員)
・佐藤 匠(大学院修士課程H25年3月修了),東北畜産学会学会賞(奨励賞第14号,H25.8.29),受賞研究課題「哺乳動物の発生過程を制御するEGAM1ホメオタンパク質群の機能発現に関する研究」(指導教員)
・相馬 未來(大学院修士課程H23年3月修了),東北畜産学会学会賞(奨励賞第10号,H23.9.8),受賞研究課題「マウス胚盤胞から樹立された3種の幹細胞におけるEGAM1ホメオドメインタンパク質群mRNAの発現動態と細胞分化との関連に関する研究」(指導教員)
・細井 勇輔(大学院修士課程H22年3月修了),東北畜産学会学会賞(奨励賞第7号,H22.8.29),受賞研究課題「マウス胚盤胞からの栄養膜幹細胞株および胚体外内胚葉細胞株の樹立と遺伝子発現解析」(指導教員)
------------
・野中 愛純(大学院修士課程2年)第65回東北畜産学会大会優秀発表賞(H27.8.28,宮城大会)(指導教員)
・菊地 貴裕(大学院修士課程1年)第64回東北畜産学会大会優秀発表賞(H26.9.12,福島大会)(指導教員)
・佐藤 由貴(大学院修士課程1年)第106回日本繁殖生物学会優秀発表賞(H25.9.13,東京大会)(指導教員)
・佐藤 梓織(大学院修士課程1年)第63回東北畜産学会大会優秀発表賞(H25.8.30,山形大会)(指導教員)
・佐藤 匠(大学院修士課程2年、平成25年3月修了,日本生物高分子学会2012年度大会優秀発表賞(H24.9.21)(指導教員)
・菅原 彩子(大学院修士課程1年,第62回東北畜産学会大会優秀発表賞(H24.8.31,秋田大会)(指導教員)
・佐藤 匠(大学院修士課程2年,平成25年3月修了),第62回東北畜産学会大会優秀発表賞(H24.8.31,秋田大会)(指導教員)
・相馬 未來(大学院修士課程1年,平成23年3月修了),第59回東北畜産学会大会優秀発表賞(H21.9.3,宮城大会)(指導教員)
・斎藤 耕一(大学院博士課程2年,平成22年3月修了),第101回日本繁殖生物学会優秀発表賞(H20.9.19,福岡大会)(指導教員)
・斎藤 耕一(大学院博士課程2年,平成22年3月修了),第58回東北畜産学会優秀発表賞(H20.8.22,福島大会)(指導教員)
・細井 勇輔(大学院修士課程2年,平成22年3月修了),第58回東北畜産学会優秀発表賞(H20.8.22,福島大会)(指導教員)
・斎藤 耕一(大学院博士課程1年,平成22年3月修了),第57回東北畜産学会優秀発表賞(H19.8.23,山形大会)(指導教員)
・色川 詠美子(大学院修士課程1年,平成20年3月修了),第56回東北畜産学会優秀発表賞(H18.8.31,秋田大会)(指導教員)
・阿部 一(修大学院士課程2年,平成18年3月修了),第55回東北畜産学会優秀発表賞(H17.9.6,青森大会)(指導教員)

専門分野

幹細胞生物学(ES細胞・iPS細胞),哺乳動物発生学,動物生殖生理学

最近の研究テーマと内容

哺乳動物の胚発生時および幹細胞の細胞運命決定機構(細胞分化)に関する分子生物学的研究

ホームページ:
http://www.akita-pu.ac.jp/bioresource/dbt/biochem/makoba/index.html
【研究紹介はこちら】

技術相談に応じられる分野

胚性幹細胞(ES細胞)・iPS細胞など幹細胞の作出と培養,哺乳動物細胞(マウス受精卵・ウシ受精卵・各種培養細胞)の細胞培養,哺乳動物細胞の遺伝子工学

最近の招待・特別・基調講演題名

・平成26年度 第30回東日本受精卵移植技術研究会大会,秋田キャッスルホテル,特別講演「動物胚の受胎率向上を目指した遺伝子組換えFGF4の開発」

主な特許

核酸断片及び該断片発現のためのプラスミドベクター(特開平07-250684)
高効率発現ベクター(特開平08-256776)
アンチセンスRNA発現ベクター(特開平09-023884)
細胞増殖タンパク質の製造方法および安定型細胞増殖タンパク質(特開2014-33631)

主な研究論文

* Corresponding author, ** These authors contributed equally to this work.
・Sasaki A., Hiwatashi K., Kumagai K., Hata K. and Kobayashi M. (2017):
Relationships between the expression of hepatocyte nuclear factors and factors essential for lipoprotein production in a human mesenchymal stem cell line, UE7T-13.
Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, 81: 262-270.
・Sasaki A., Kimura F., Miura M., Toshima G., Takahashi J., Maruya S., Kobayashi M., and Hata K. (2017):
Lipoprotein profiles of hepatic cell lines at various stages of differentiation.
In Vitro Cellular & Developmental Biology - Animal, 53: 93-95.
・Sato Yuki, Sato Shiori, Kikuchi T., Nonaka A., Kumagai Y., Sasaki A. and Kobayashi M.* (2016):
Knockdown of gene expression by antisense morpholino oligos in preimplantation mouse embryos cultured in vitro.
Analytical Biochemistry, 509: 41-45.
・Nonaka A.**, Yoshida M.**, Iha M., Kubo Y., Kihara Y., Kikuchi T., Kumagai Y., Sasaki A. and Kobayashi M.* (2016):
Exogenous expression of homeoprotein EGAM1N prevents in vitro cardiomyogenesis by impairing expression of T and Nkx2.5, but not Mef2c, in mouse embryonic stem cells.
Cytotechnology, 68:2431-2436.
・Kikuchi T.**, Kusuhara N.**, Nonaka A., Kumagai Y., Hiraide M., Sasaki A., Fukuda T. and Kobayashi M.* (2016):
Efficient generation of mouse induced pluripotent stem-like cells using a powerful CAG promoter, the piggyBac transposon, and a lipofection method.
Tohoku Journal of Animal Science and Technology (In Japanese), 66: 16-22.
・Sato Shiori**, Nakazawa M.**, Kihara Y.**, Kubo Y., Sato Yuki, Kikuchi T., Nonaka A., Sasaki A., Iwashita J., Murata J., Hosaka M. and Kobayashi M.* (2015):
Partial inhibition of differentiation associated with elevated protein levels of pluripotency factors in mouse embryonic stem cells expressing exogenous EGAM1N homeoprotein.
Journal of Bioscience and Bioengineering, 120: 562-569.
・Sato Yuki, Sato Shiori, Kikuchi T., Nonaka A., Sasaki A. and Kobayashi M.* (2015):
Induction of expression of the Wnt gene family in differentiating mouse embryonic stem cells expressing exogenous EGAM1N or EGAM1C homeoproteins.
Tohoku Journal of Animal Science and Technology (In Japanese), 65: 14-21.
・Sugawara S., Ito T., Sato Shiori, Sato Yuki, Sasaki A., Fukuda T., Yamanaka K., Sakatani M., Takahashi M. and Kobayashi M.* (2015):
Generation of aminoterminally truncated, stable types of bioactive bovine and porcine fibroblast growth factor 4 in Escherichia coli.
Biotechnology and Applied Biochemistry, 62: 164-172.
・Sugawara S., Ito T., Sato Shiori, Sato Yuki, Kasuga K., Kojima I. and Kobayashi M.* (2014):
Production of an aminoterminally truncated, stable type of bioactive mouse fibroblast growth factor 4 in Escherichia coli.
Journal of Bioscience and Bioengineering, 117: 525-530.
・Sugawara S., Ito T., Sato Shiori, Sato Yuki, Kasuga K., Kojima I. and Kobayashi M.* (2014):
Identification of site-specific degradation in bacterially expressed human fibroblast growth factor 4 and generation of an aminoterminally truncated, stable form.
Applied Biochemistry and Biotechnology, 172: 206-215.
・Sato Sho, Morita S., Iha M., Mori Y., Sugawara S., Kasuga K., Kojima I., Ozaki N., Muraguchi H., Okano K., Iwashita J., Murata J., Hosaka M. and Kobayashi M.* (2013):
Intact structure of EGAM1 homeoproteins and basic amino acid residues in the common homeodomain of EGAM1 and EGAM1C contribute to their nuclear localization in mouse embryonic stem cells.
Journal of Bioscience and Bioengineering, 116: 141-146.
・Sugawara S., Ito T., Sato Sho, Yokoo Mari, Mori Y., Kasuga K., Kojima I., Fukuda T., Yamanaka K., Sakatani M., Takahashi M. and Kobayashi M.* (2013):
Production of bioactive bovine fibroblast growth factor 4 in E. coli based on the common nucleotide sequence of its structural gene in three breeds.
Animal Science Journal, 84: 275-280.
・Sugawara S., Ito T., Suzuki H., Takahashi T., Konishi J., Kobayashi Masaki, Sato Sho, Mori Y., Kasuga K., Kojima I., Fukuda T. and Kobayashi M.* (2013):
Common amino acid sequences deduced from coding exons of the porcine FGF4 gene in two breeds and production of the encoded protein in Escherichia coli.
Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, 77: 173-177.
・Saito K, Abe H, Nakazawa M, Irokawa E, Kasuga K, Kojima I, Murata J and Kobayashi M* (2012):
Ontogenic expression patterns of transcripts encoding EGAM1 homeoproteins during murine organogenesis.
Biotechnology & Biotechnological Equipment, 26: 3321-3323.
・Iha M, Soma M, Sato Sho, Mori M, Sugawara S, Kasuga K, Kojima K, Yamada S, Sakaki S and Kobayashi M* (2012):
Severe inhibition of in vitro cardiomyogenesis in mouse embryonic stem cells ectopically expressing EGAM1C homeoprotein.
Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, 76: 1410-1412.
・Soma M, Iha M, Kihara Y, Sato Shiori, Sato Y, Sato Sho, Mori Y, Sugawara S, Kasuga K, Kojima I and Kobayashi M* (2012):
Preferential emergence of cell types expressing markers for primitive endoderm lineages in mouse embryonic stem cells expressing exogenous EGAM1 homeoprotein.
Journal of Bioscience and Bioengineering, 114: 342-346.
・Iha M**, Watanabe M**, Kihara Y, Sugawara S, Saito K, Soma M, Sato Sho, Mori Y, Kasuga K, Kojima I, Sasamura R, Murata J and Kobayashi M* (2012):
Effect of ectopic expression of homeoprotein EGAM1C on the cell morphology, growth, and differentiation in a mouse embryonic stem cell line, MG1.19 cells.
Reproduction, 143: 477-489.
・Sato Sho, Takahashi T, Nishinomiya H, Katoh M, Itoh R, Yokoo Masaki, Yokoo Mari, Iha M, Mori Y, Kasuga K, Kojima I and Kobayashi M* (2012):
Common nucleotide sequence of structural gene encoding fibroblast growth factor 4 in eight cattle derived from three breeds.
Animal Science Journal, 83: 260-262.
・Soma M, Iha M, Sato Sho, Mori Y, Kasuga K, Kojima I and Kobayashi M* (2011):
Factors affecting the expression of differentiation marker genes for the primitive endoderm lineage in a mouse extra-embryonic endoderm stem cell line, XEN26 cells.
Biotechnology & Biotechnological Equipment, 25: 2679-2682.
・Hosoi Y, Ando Y, Arakawa M, Kasuga K, Kojima I and Kobayashi M* (2011):
Production of mouse fibroblast growth factor 4 in E. coli and its application for the isolation and maintenance of mouse trophoblast stem cells in vitro.
Journal of Reproduction and Development, 57: 650-654.
・Kobayashi M*, Saito K, Tamogami S, Takashima J, Kasuga K and Kojima I (2011):
Identification of a 2-cell stage specific inhibitor of the cleavage of preimplantation mouse embryos synthesized by rat hepatoma cells as 5'-deoxy-5'-methylthioadenosine.
Zygote, 19: 117-125.
・Abe H, Nakazawa M, Kasuga K, Kojima I and Kobayashi M* (2011):
The CAG promoter is more active than the CEF promoter for the expression of transgenes in a mouse ES cell line E14-derived EB3 cells.
Biotechnology and Biotechnological Equipment, 25: 2301-2304.
・Saito K, Ogawa A, Toyofuku K, Hosoi Y, Soma M, Iha M, Kasuga K., Kojima I, and Kobayashi M* (2011):
Relationships between homeoprotein EGAM1C and the expression of the placental prolactin gene family in mouse placentae and trophoblast stem cells.
Reproduction, 141: 259-268.
・Saito K, Abe H, Nakazawa M, Irokawa E, Watanabe M, Hosoi Y, Soma M, Kasuga K, Kojima I and Kobayashi M* (2010):
Cloning of complementary DNAs encoding structurally related homeoproteins from preimplantation mouse embryos: their involvement in the differentiation of embryonic stem cells.
Biology of Reproduction, 82: 687-697.
・Kobayashi M*, Terawaki Y, Saito K, Kasuga K and Kojima I (2009):
Effect of medium conditioned with rat hepatoma BRL cells on ‘2-cell block’ of random-bred mouse embryos cultured in vitro.
Zygote, 17:169-174.
(秋田県立大学における研究成果を抜粋)

学会活動

日本繁殖生物学会
日本生化学会
日本分子生物学会
日本畜産学会
東北畜産学会(評議員,学会賞選考委員)

社会活動

2016年7月 - 現在:秋田県 研究課題評価に係る外部評価委員(秋田県畜産試験場)
2016年6月 - 現在:(社)家畜改良事業団 「牛受胎能力向上技術開発事業に係る推進委員会」委員
2013年4月 - 現在:日本繁殖生物学会プログラム委員会ワーキンググループメンバー(生殖工学分野)
2013年4月 - 現在:東北畜産学会 学会賞選考委員
2012年4月 - 現在:農林水産省プロジェクト「繁殖サイクルの短縮化や受胎率向上のための技術開発」 評価委員
2005年4月 - 現在:東北畜産学会 評議員
2009年4月 - 2013年3月:日本畜産学会 代議員
2005年4月 - 2013年3月:東北畜産学会 編集委員
2006年4月 - 2009年3月:日本繁殖生物学会 評議員

その他特記事項

講演:
・夢ナビライブ2016仙台会場,「動物バイオテクノロジーでなにができるのか?」
・夢ナビライブ2015仙台会場,「動物バイオテクノロジーでなにができるのか?」
・平成26年度高大連携事業,青森県立弘前中央高校「iPS細胞のモデルとなったES細胞とiPS細胞・再生医療」
・夢ナビライブ2014仙台会場,「動物バイオテクノロジーでなにができるのか?」
・平成26年度高大連携事業,秋田県立横手城南高校「再生医療とES細胞・iPS細胞」
・平成26年度高大連携事業,応用生物科学への招待,秋田県カレッジプラザ「ES細胞・iPS細胞のサイエンス」
・平成24年度本学地域活性化システム論公開講座,秋田県カレッジプラザ「動物の発生学を優良家畜の増産に応用する」
・平成24年度高校生未来創造支援事業,社会人ならびに大学の先生を囲む会,秋田県立本荘高校「哺乳動物の発生学をバイオテクノロジーに応用する」
・平成22年度高大連携事業,ミクロとマクロのバイオテクノロジー,秋田県カレッジプラザ「哺乳動物のバイオテクノロジー:夢の万能細胞 ES細胞とiPS細胞の研究からわかったこと・まだわからないこと」
・平成18年度アカデミックトライアル事業,アカデミック講義,秋田県立西目高校「発生学をバイオテクノロジーに応用する」
・平成18年度高大連携事業,応用生物科学への招待,秋田県カレッジプラザ「哺乳動物のバイオテクノロジー」
・平成17年 秋田県立大館鳳鳴高校出前授業「個性の発揮を科学する:哺乳動物の細胞増殖と細胞分化の分子機構」
・平成16年 本学生物資源科学部公開講座「動物バイオの最前線:哺乳動物のバイオテクノロジー」