秋田県立大学 地域連携・研究推進センターHOME研究者総覧
佐藤 明の顔写真
氏名 佐藤 明
フリガナ サトウ アキラ
学部 システム科学技術学部
学科 機械工学科
職名 教授
学位 工学博士
Eメール asatoh
生年月日 S33.1.12生まれ

経歴

昭和52年 4月 1日 千葉大学工学部機械工学科 入学
昭和56年 3月31日 千葉大学工学部機械工学科 卒業
昭和56年 4月 1日 日産自動車株式会社 (中央研究所車両研究所研究員として研究業務に従事)
昭和58年 6月10日 自己都合により退社
昭和59年 4月 1日 東北大学大学院工学研究科 機械工学第二専攻博士課程前期2年の課程 入学
昭和61年 3月31日 東北大学大学院工学研究科 機械工学第二専攻博士課程前期2年の課程 修了
昭和61年 4月 1日 東北大学大学院工学研究科 機械工学第二専攻博士課程後期3年の課程 進学
平成元年 3月31日 東北大学大学院工学研究科 機械工学第二専攻博士課程後期3年の課程 修了
平成元年 4月 1日 千葉大学工学部機械工学科助手に着任 
平成 6年 7月 3日 - 平成6年10月 3日 Keele University, U.K. 客員研究員 
平成 7年10月 9日 - 平成8年 7月31日 Keele University, U.K. 客員研究員
平成 8年 8月 1日 - 平成8年10月 5日 University of Wales, Bangor, U.K. 客員研究員
平成 9年 7月14日 - 平成9年11月 1日 University of Wales, Bangor, U.K. 客員研究員
平成10年 6月 1日 千葉大学自然科学研究科人工システム科学専攻に配置換
平成10年 7月 4日 - 平成10年9月29日 University of Wales, Bangor, U.K. 客員研究員
平成11年 4月 1日 秋田県立大学システム科学技術学部 (機械知能システム学科) 教授に着任
平成11年 8月 9日 - 平成11年9月23日 University of Wales, Bangor, U.K. 客員研究員

受賞

・平成9年6月 Honorary Visiting Research Fellow (University of Wales Bangor, U.K.)

専門分野

分子ミクロ・シミュレーション、ミクロ流体工学、コロイド物理工学、界面科学、機能性流体、磁性流体

最近の研究テーマと内容

・新しい機能性サスペンション開発のための機能性微粒子のコロイド物理工学的研究
・強磁性棒状微粒子の自己組織化に関する計算物理
・散逸粒子動力学法などの新しい分子ミクロ・シミュレーション法の構築と粒子サスペンション系への
適用に関する研究
・強磁性微粒子を用いた物質の表面改質技術への応用
・電界共役流体の応用のための流体工学的な研究
・棒状強磁性微粒子の磁場中で粘度が負になるという特異な理論予測の実験的検証とその応用の
ための研究
・飛翔型昆虫の飛翔メカニズム解明とその応用を念頭に置いた空気力学的研究
【研究紹介はこちら】

技術相談に応じられる分野

微粒子や固体粒子懸濁液を扱う分野

最近の招待・特別・基調講演題名

・ Satoh, A., Roy W. Chantrell, Geoff N. Coverdale, and Kamiyama, S., Modelling of Ferrofluids,
pp.B2.1-B2.2, Proceedings of 2nd International Workshop on Fine Particle Magnetism, Bangor, UK,
9 月 2 日〜 9 月 5 日 , 1996.
・ 佐藤 明, 流体ミクロ・シミュレーション, プロセス工学研究会, 日本鉄鋼協会東北支部主催, 仙台市,
10月6日, 1998.
・ 佐藤 明, 強磁性コロイド分散系の凝集構造と動的特性に関するミクロ・シミュレーション,
先端化学技術部会講演会,新化学発展協会主催,東京, 10月26日, 1998.

主な特許

主な研究論文

著 書
・ 神山・佐藤, 「分子シミュレーション講座シリーズ 1 」モンテカルロ・シミュレーション , 朝倉書店 , 1997.
・ 神山・佐藤, 「分子シミュレーション講座シリーズ 2 」分子動力学シミュレーション , 朝倉書店 , 1997.
・ 神山・佐藤, 「分子シミュレーション講座シリーズ 3 」流体ミクロ・シミュレーション, 朝倉書店 , 1997.
・ Satoh,A., Internal Structure and Rheological Properties of Ferrofluids, one section of the book
entitled "Encyclopedia of Surface and Colloid Science", edited by A. Hubbard, Marcel Dekker, 2002.
・ Satoh,A., Computer Simulations of Ferrofluids, one section of the book entitled
"The Encyclopedia of Materials: Science and Technology", Elsevier Science, 2002.
・ Satoh,A, Introduction to Molecular-Microsimulation of Colloidal Dispersions, Elsevier Science, 2003.
・ 佐藤  明, HOW TO 分子シミュレーション,共立出版, 2004.

論 文 (ここ数年間でインパクトファクターが1.5以上のInternational Journalに掲載された論文)
・Aoshima and Satoh, Two-dimensional Monte Carlo Simulations of A Colloidal Dispersion composed of
Rod-like Ferromagnetic Particles in the Absence of An Applied Magnetic Field,
Journal of Colloid and Interface Science, Vol. 293, pp. 77-87, 2006.
・Ando, Hirota, Satoh, and Beaugnon, Experiment and Numerical Simulation of Interactions among
Magnetic Dipoles induced in Feeble Magnetic Substances under High Magnetic Fields,
Journal of Magnetism and Magnetic Materials, 2006. (in press)
・Satoh, Ozaki, and Ando, Transport Coefficients and Orientational Distributions of a Magnetic
Spheroidal Particles with A Magnetic Moment normal to the Particle Axis (Analysis for an Applied
Magnetic Field normal to the Shear Plane), Journal of Colloid and Interface Science, 2006. (in press)
・Satoh, Ozaki, Ishikawa, and Majima, Transport Coefficients and Orientational Characteristics and Rodlike
Particles with Magnetic Moment normal to the Particle Axis under Circumstances of a Simple Shear
Flow, Journal of Colloid and Interface Science, Vol.292, pp. 581-590, 2005.
・Satoh, Influences of Magnetic Interactions between Clusters on Particle Orientational Characteristics
and Viscosity of a Colloidal Dispersion composed of Ferromagnetic Spherocylinder Particles
(Analysis by Means of Mean Field Approximation for a Simple Shear Flow),
Journal of Colloid and Interface Science, Vol.289, pp.276-285, 2005.
・Satoh and Majima, Comparison between Theoretical Values and Simulation Results of Viscosity for the
Dissipative Particle Dynamics Method,Journal of Colloid and Interface Science,Vol.283, pp.251-266,
2005.
・Aoshima and Satoh, Two-dimensional Monte Carlo simulations of a Colloidal Dispersion composed of
Polydisperse Ferromagnetic Particles in an Applied Magnetic Field , Journal of Colloid and Interface
Science, Vol. 288, pp. 475-488, 2005.
・Aoshima and Satoh, Two-dimensional Monte Carlo Simulations of a Polydisperse Colloidal Dispersion
composed of Ferromagnetic Particles for the Case of no External Magnetic Field
Journal of Colloid and Interface Science, Vol.280, pp.83-90, 2004.

学会活動

・日本機械学会会員
  1993年10月〜1995年9月「知能流体工学に関する調査研究分科会」委員
・粉体工学会会員 ( 1990年1月 〜1997年12月)
・日本航空宇宙学会会員( 1990年3月 〜1992年3月、この間,空気力学部門の幹事) 
・日本化学会コロイドおよび界面化学部会会員
  2000年4月〜2003年3月は役員  
・EUROMECH(ヨーロッパ力学会)会員

International Journal のrefereeとしての国際貢献
・ 1996年, 1997年 Journal of Magnetism and Magnetic Materials 2件
・ 1998年, 1999年 Journal of Magnetism and Magnetic Materials 1件, Langmuir 1件
・ 2000年, 2001年 Langmuir 1件, Journal of Physics D 1件
・ 2002年, 2003年 Journal of Magnetism and Magnetic Materials 1件
Journal of Colloid and Interface Science 3件
Journal of Magnetism and Magnetic Materials 3件
Journal of Rheology 1件
Journal of Physics: Condensed Matter  1件
・ 2004年, 2005年  Journal of Magnetism and Magnetic Materials 9件
Journal of Colloid and Interface Science 1件, Rheological Acta 1件

社会活動

・秋田県立大学システム科学技術学部公開講座 (IT時代のコンピュータ利用)講師
「コンピュータを上手く使う」, 秋田県立大学本荘キャンパス,2001年6月9日.
・秋田県立大学地域公開講座講師
  「コンピュータを上手く使う」, 横手市, 2001年10月28日.

その他特記事項

横浜市立大学大学院化学系、物質・材料研究機構強磁場研究センター磁気材料系、千葉大学大学院材料力学系、東京大学大学院磁気材料創成系、英国ヨーク大学物理学科理論磁気材料系などの研究室と共同研究・協力関係にあるので、必要なら紹介することができる。