秋田県立大学 地域連携・研究推進センターHOME研究者総覧
金田 吉弘の顔写真
氏名 金田 吉弘
フリガナ カネタ ヨシヒロ
学部 生物資源科学部
学科 生物環境科学科
職名 教授
学位 博士(農学)
Eメール ykaneta
生年月日

経歴

1979年4月 秋田県農業試験場化学部
1981年4月 秋田県農業試験場大潟支場
1988年4月 秋田県農業試験場環境部大潟農場
1995年5月 秋田県農業試験場企画管理部
1998年4月 秋田県農業試験場経営部
1999年4月 秋田県農業試験場環境部
2001年4月 秋田県農業試験場生産環境部
2002年4月 秋田県立大学・生物資源科学部・生物環境科学科・土壌環境学講座・助教授
2006年4月 秋田県立大学・生物資源科学部・生物環境科学科・土壌環境学講座・准教授
2007年4月 秋田県立大学・生物資源科学部・生物環境科学科・土壌環境学研究室・教授

受賞

1990年 日本土壌肥料学会 奨励賞受賞
2013年 日本土壌肥料学会 技術賞受賞
2015年 農業技術功労者表彰受賞

専門分野

土壌肥料学

最近の研究テーマと内容

1)高温気象下における高品質米生産技術
 々無方法による圏環境改善
 ▲吋せ聖寨僂慮果
2)高温に強いイネの生理特性の解明
3)有機栽培水稲の生育診断
4)多収水稲のための簡易生育診断手法の確立
5)高位多収田畑輪換継続のための有機物施用効果の解明
【研究紹介はこちら】

技術相談に応じられる分野

1)作物の安定生産のための適切な土壌管理法(耕起法、土壌・作物栄養診断)
2)環境に負荷を与えない効率的な施肥管理技術(肥料、土壌改良資材)
3)家畜ふん堆肥などの有機物の特性と施用技術(環境影響評価)

最近の招待・特別・基調講演題名

1)持続可能な農業に向けた水田農法の開発と普及
2)超多収イネの窒素生産効率と乾物生産
3)持続型・循環型農業にむけた土づくりについて

主な特許

主な研究論文

(著書)
・「新しい水田農法」庄子貞雄 監修:新農業技術の生い立ち(水稲育苗箱全量施肥、水稲不耕起移植栽培)、金田吉弘、農文協(東京)(2001)
・「持続可能な農業への道」(共著):持続可能な農業に向けた水田農法の開発と普及、金田吉弘、農林統計協会(東京)(2002)
・「土壌サイエンス入門」三枝正彦・木村眞人 編:作物の生育と土壌、金田吉弘、文永堂出版(東京)(2005)
・「イネの生産性・品質と栄養生理」(共著):超多収大粒イネ「秋田63号」の窒素生産効率と乾物生産特性、金田吉弘・前 忠彦、博友社(東京)(2006)

(水稲)
・金田吉弘・加藤雅也・佐山玲・保坂学2004.高温登熟期の節水管理は黒点症状米の発生を助長する、日作東北支部報、47, 13-15
・金田吉弘・高橋まさ子・佐藤 孝・村上 章・進藤勇人2005.佐藤寛子・佐藤 敦:3年連用豚ぷんペレット堆肥の水稲に対する肥効特性、日作東北支部報、48, 53-55
・金 和裕・金田吉弘・柴田 智・佐藤 馨・三浦恒子・佐藤 敦2005.中苗あきたこまちの高品質・良食味米安定生産に適した分げつの次位・節位、日本作物学会紀事、74,149-155
・Tadahiko Mae,Ayako Inaba,Yoshihiro Kaneta,Satoshi Masaki,Mizuo
Sasaki,Mayu Aizawa,Shigenori Okawa,Shuichi Hasegawa,Amane Makino: A large-grain rice cultivar, Akita 63, exhibits high yields with high physiological N-use efficiency, Field Crops Research, 97, 227-237(2005)
・金 和裕・金田吉弘・柴田 智・佐藤 馨・三浦恒子・佐藤 敦2006.水稲群落における次位・節位別分げつの1穂精玄米重と葉面積および葉面積あたりの葉身窒素量の垂直分布との関係、日本作物学会紀事、75,191-196
・金田吉弘・板垣千絵・佐藤 孝・田代 卓・佐藤 敦2006.2004年台風15号による潮風害と水稲根活性との関係、日本作物学会紀事、75,204-209
・金田吉弘・佐々木景司・佐藤 孝・村井 茜・菅原茂幸・佐藤 敦2006.ライシメータ水田における基肥施肥法の違いが水田雑草の生育と養分吸収に及ぼす影響.日本土壌肥料学雑誌77:635-641
・金田吉弘・板垣千絵・佐藤 孝・田代 卓・佐藤 敦2006.2004年台風15号による潮風害と水稲根活性との関係.日本作物学会記事75:204-209
・金 和裕・金田吉弘・柴田 智・佐藤 馨・三浦恒子・佐藤 敦2006.水稲群落における次位・節位別分げつの1穂精玄米重と葉面積および葉面積あたりの葉身窒素量の垂直分布との関係.日本作物学会記事75:191-196
・金田吉弘・高橋大悟・佐藤 孝2008.重粘土水田における亀裂生成が水稲の水分吸収および収量・品質に及ぼす影響.日本土壌肥料学雑誌79:454-460
・三浦恒子・金 和裕・佐藤 馨・柴田 智・金田吉弘2009.育苗箱全量施肥による水稲あきたこまちの分げつ発生の特徴と高品質・良食味米安定生産の実証.日本作物学会紀事78:43-49
・金田吉弘・高橋大悟・坂口春菜・金 和裕・高階史章・佐藤 孝2010.ケイ酸質肥料が登熟期の高温処理水稲の葉温・気孔コンダクタンスおよびケイ酸吸収に及ぼす影響.日本土壌肥料学雑誌81:504-507
・金田吉弘・佐々木美紀・松田英樹・高階史章・佐藤 孝2010.耕作放棄地復元水田における水稲生育・収量の特徴、日本作物学会東北支部会報、53:11-13
・金田吉弘2013.重粘土水田の汎用化促進と水稲安定生産のための土壌管理・施肥技術の開発,日本土壌肥料学雑誌,84,345-348.
・金田吉弘・高橋大悟・田代 卓・高階史章・佐藤 孝2012.重粘土不耕起水田の土壌環境が水稲根活性と高温条件下における水稲収量に及ぼす影響.根の研究21:3-9
・金田吉弘・小野寺拓也・坂下 将・高階史章・佐藤 孝・伊藤慶輝・保田謙太郎2012.重粘土水田における無代かき栽培が高温条件下における水稲根活性,穂温および乳白米発生に及ぼす影響.日本土壌肥料学雑誌,83,681-686.
・Hasegawa T., Sakai H., Tokida T., Nakamura H., Zhu C., Usui Y., Yoshimoto M., Fukuoka M., Wakatsuki H., Katayanagi N., Matsunami T., Kaneta Y., Sato T., Takakai F., Sameshima R., Okada M., Mae T. and Makino A., Rice cultivar responses to elevated CO2 at two free-air CO2 enrichment (FACE) sites in Japan, Functional Plant Biology, 40: 148–159 (2013)
・金澤伸浩・嶋崎善章・小川敦史・金田吉弘・佐藤寛子・鈴木人志・佐々木浩一2014.豚尿液肥を利用した水稲栽培の経済的価値,環境科学会誌,27,352-359.
・浪川茉莉・西田瑞彦・高橋智紀・金田吉弘2016.携帯型NDVI測定機によるNDVI値と水稲窒素吸収量の関係.日本土壌肥料学雑誌,87,450‐454

(ダイズ)
・金田吉弘・三浦恒子・鎌田易尾・児玉徹・佐藤福男:乾田土中早期湛水直播導入による重粘土の畑地化促進と後作エダマメの増収効果、日本土壌肥料学雑誌、71、550−553(2000)
・Sato, T., Kaneta, Y., Furuta, N., Kobayashi, H., Shindo, H., Ota, T., and Sato, A.: Effect of soil physical properties on soybean nodulation and N2 fixation at the early growth stage in heavy soil field in Hachirougata polder, Japan. Soil Sci.and Plant Nutr. 49, 695-702(2003)
・金田吉弘・佐藤 孝・古田規敏・生野みどり・小林ひとみ・太田 健・進藤勇人・佐藤 敦:重粘土転換畑における土壌水分環境がダイズの根圏活性に及ぼす影響、日本土壌肥料学雑誌、75、185-190(2004)
・佐藤 孝・善本さゆり・渡邉俊一・金田吉弘・佐藤 敦2007.重粘土水田転換畑におけるヘアリーベッチ植栽が土壌物理性とダイズの初期生育に及ぼす影響.日本土壌肥料学雑誌78:53-60
・Takakai F., Takeda M., Kon K., Inoue K., Nakagawa S., Sasaki K., Chida A., Sekiguchi K., Takahashi T., Sato T. and Kaneta Y.,2010.Effects of preceding compost application on the nitrogen budget in an upland soybean field converted from a rice paddy field on gray lowland soil in Akita, Sci.and Plant Nutr. 56:760-772
・佐藤 孝・ 善本さゆり・中村 結・佐藤恵美子・高階史章・渋谷 岳・横山 正・金田吉弘2011.重粘土水田転換畑におけるマメ科緑肥植物ヘアリーベッチ植栽がダイズの生育・収量に及ぼす響.日本土壌肥料学雑誌82: 123-130
・ Sato T., Sato E., Takakai F., Yokoyama T. and Kaneta Y., Effects of hairy vetch foliage application on nodulation and nitrogen fixation in soybean cultivated in three soil types, Soil Science and Plant Nutrition, 57 (2011)

(ムギ)
・金田吉弘・後藤紗布子・佐藤 孝・高階史章・保田謙太郎・野坂佳史・坂下普志・浦野保徳・大山卓爾2014.重粘土転換畑の秋播コムギ栽培における石灰窒素の深層施肥効果,日本土壌肥料学雑誌,85,446-452.

(野菜)
・佐藤一至・金田吉弘2014.ハリエンジュ防風林に隣接する砂丘畑に発生したネギ葉鞘部湾曲症状の発生原因と対策技術,農作業研究,49,97-104.
・本庄 求・武田 悟・片平光彦・屋代幹雄・進藤勇人・齋藤雅憲・吉田泰徳・高橋春實・金田吉弘2014.寒冷地での夏ネギ栽培に向けた無加温ビニルハウスにおけるセルトレー育苗条件が生育と収量に及ぼす影響,園芸学研究,14,25-35.
・本庄 求・武田 悟・吉田泰徳・金田吉弘2015.ネギの定植時の剪根が生育,窒素吸収量,収穫時期および収量に及ぼす影響,園芸学研究,15,11-17.

(施肥法)
・金田吉弘・三浦昌司・児玉 徹1986.八郎潟干拓地の輪換水田における土壌変化と水稲に対する窒素施用法.日本土壌肥料学雑誌57:604-606 
・金田吉弘・児玉 徹・長野間宏1989.八郎潟干拓地の輪換水田における側条施肥の効果.日本土壌肥料学雑誌60:172-174
・金田吉弘・粟崎弘利・村井 隆1994.肥効調節型肥料を用いた育苗箱全量施肥による水稲不耕起移植栽培.日本土壌肥料学雑誌65:385-391
・金田吉弘1995.肥効調節型肥料による施肥技術の新展開2.不耕起移植栽培の育苗箱全量施肥技術.日本土壌肥料学雑誌66:176〜181
・金田吉弘・土屋一成1997.育苗箱全量施肥による不耕起移植水稲における窒素の利用率と気象変動の関係.日本土壌肥料学雑誌68:112-115
・金田吉弘・土屋一成1997.稲わらすき込み湿田における水稲の生育・窒素吸収に及ぼす育苗箱全量施肥の効果.日本土壌肥料学雑誌68:185-188
・金田吉弘・松橋秀男・鎌田易尾・三浦恒子・片平光彦・児玉 徹2002.肥効調節型肥料の接触施肥による乾田土中早期湛水直播水稲の全量基肥施肥法.日本土壌肥料学雑誌73:437-440

(土壌特性)
・Suetsugu, A., Sato, T., Kaneta, Y. and Sato, A.Effects of organo-mineral complex on flocculation, settlement and vertical distribution of bioelements in soil suspensions. Soil Sci. Plant Nutr., 51:323−331(2005)
・森泉美穂子・金田吉弘・福島祐助2010.示差走査熱量測定(DSC)分析による水田および田畑輪換田の土壌有機物の特徴づけ、日本土壌肥料学雑誌、81:372-377

学会活動

日本土壌肥料学会、 日本作物学会

社会活動

1)秋田県環境審議会委員
2) 秋田県リサイクル製品認定審査委員
3)秋田県八郎湖研究会特別検討会委員

その他特記事項