秋田県立大学 地域連携・研究推進センターHOME研究者総覧
原 光二郎の顔写真
氏名 原 光二郎
フリガナ ハラ コウジロウ
学部 生物資源科学部
学科 生物生産科学科
職名 准教授
学位 博士(バイオサイエンス)
Eメール kojiro_h
生年月日

経歴

平成3年3月 山口県立下関西高校卒業
平成3年4月 大阪大学基礎工学部入学
平成7年3月 大阪大学基礎工学部卒業
平成7年4月 奈良先端科学技術大学院大学バイオサイエンス研究科博士前期課程入学
平成12年3月 奈良先端科学技術大学院大学バイオサイエンス研究科博士後期課程修了 博士(バイオサイエンス)

平成12年3月 秋田県立大学 生物資源科学部 助手

受賞

専門分野

分子生物学,植物生理学

最近の研究テーマと内容

未利用の生物資源(地衣類や有用植物)の独特な生命現象を分子生物学的手法を用いて明らかにし,将来の応用を目指す.
【研究紹介はこちら】

技術相談に応じられる分野

最近の招待・特別・基調講演題名

2014
7/12-13 Akita International Symposium of Lichenology / 日本地衣学会13回大会 in Akita
HARA Kojiro, Recent development of genomics in lichenology, Akita International Symposium of Lichenology - Oral Session O2, 2014.7.12

2013
8/23 韓国地衣類研究所10周年記念国際シンポジウム in 韓国国立樹木園
Kojiro HARA, Recent Development of Genomics and Culture Techniques of Lichen, International Symposium for the 10th Anniversary of KoLRI (Pocheon, Korea), 2013.8.23

主な特許

主な研究論文

地衣類の分子系統・分子分類に関する論文
Hara, K.
Distribution and Phylogenetic relationships of photobionts of genus Anzia.
Lichenology, 4(2): 123-124 (2005)

地衣類の培養技術・ストレス応答に関する論文
Fujii, H., Hara, K., Komine, M., Ohnuki, T. and Yamamoto, Y.
Accumulation mechanisms of the mycobiont of Tremolecia atrata with copper and cadmium.
Lichenology, 3(2): 66 (2004)

Yamamoto, Y., Hara, K., Komine, M., Kinoshita, Y. and Yoshimura, I.
Screening for Acid Tolerant Lichen Mycobionts
Lichenology, 1(1): 3-6 (2002)

Yamamoto, Y., Hara, K., Komine, M., Doi, S. and Takahashi, K.
Growth Inhibition of Two Wood Decaying Fungi by Lichen Mycobionts
Lichenology, 1(2): 45-55 (2002)

Yamamoto, Y., M. Komine, K. Hara and H. Hattori
Effect of Copper Concentration on the Growth of Cultured Mycobionts of Lichens
Bibliotheca Lichenologica, 82: 251 (2002)

植物のストレス応答・分子機構に関する論文・総説
Tamura, T., Hara, K., Yamaguchi, Y., Koizumi, N. and Sano, H.
Osmotic Stress Tolerance of Transgenic Tobacco Expressing a Gene Encoding a Membrane-Located Receptor-Like Protein from Tobacco Plants
Plant Physiology, 131: 454-462 (2003)

K. Hara, M. Yagi, T. Kusano and H. Sano
Rapid Systemic Accumulation of Transcripts Encoding a Tobacco WRKY Transcription Factor upon Wounding
Molecular and General Genetics, 263: 30-37 (2000)

K. Hara, M. Yagi, N. Koizumi, T. Kusano and H. Sano
Screening of Wound-Responsive Genes Identifies an Immediate-Early Expressed Gene Encoding a Highly Charged Protein in Mechanically Wounded Tobacco Plants
Plant and Cell Physiology, 41(6): 684-691 (2000)

K. Hara and H. Sano
Control of Wound-Responsive Gene Expression
タンパク質核酸酵素 44(15): 2353-2359 (1999)

原光二郎・佐野浩 「傷害」
横田明穂編 「植物分子生理学入門」, 学会出版センター:217-221 (1999)

学会活動

日本地衣学会(会計幹事,ホームページ運営委員長)
日本分子生物学会会員
日本植物生理学会会員
日本植物細胞分子生物学会会員

社会活動

その他特記事項