秋田県立大学 地域連携・研究推進センターHOME研究者総覧
小川 敦史の顔写真
氏名 小川 敦史
フリガナ オガワ アツシ
学部 生物資源科学部
学科 生物生産科学科
職名 教授
学位 博士(農学)
Eメール 111111
生年月日

経歴

・平成7年3月25日 名古屋大学農学部農学科 卒業
・平成7年4月1日 名古屋大学大学院農学研究科
博士課程(前期課程) 農学専攻入学
・平成9年3月25日 同上 修了
・平成9年4月1日 名古屋大学大学院生命農学研究科
博士課程(後期課程)生物圏資源学専攻 進学
・平成11年3月31日 同上 退学
・平成11年4月1日 秋田県立大学 生物資源科学部 助手
・平成18年3月27日 名古屋大学大学院生命農学研究科 論文博士(農学)取得

受賞

第5回日本作物学会 論文賞 Atsushi Ogawa, Kinji Kitamichi, Kyoko Toyofuku and Choji Kawashima (2006) Quantitative analysis of cell division and cell death in seminal root of rye under salt stress. Plant Production Science 9: 56-64.

根研究会 学術奨励賞 受賞業績:小川敦史「浸透圧ストレス条件下での作物根の生育における生理学的研究」

専門分野

作物生理学 植物の根 乾燥ストレス・塩ストレス耐性・機能性野菜

最近の研究テーマと内容

・根系への糖の分配と側根形成の関係
・乾燥ストレス・塩ストレス条件下での作物根系形成過程の解明
・腎臓病患者のための低カリウム含量野菜の栽培に関する研究
【研究紹介はこちら】

技術相談に応じられる分野

植物の根に関すること
乾燥ストレス・塩ストレス耐性に関すること

最近の招待・特別・基調講演題名

主な特許

(工業所有権等)
出願番号 : 特許出願2006−243575 出願日 : 2006年9月8日
公開番号 : 特許公開2008−61587 公開日 : 2008年3月21日
発明の名称 低カリウムホウレンソウおよびその栽培方法
発明者 小川敦史 田口悟

主な研究論文

1. A. Ogawa, F. Ando, K. Toyofuku and C. Kawashima The sucrose metabolism for the root development in the seminal root of maize seedlings. Plant Production Science. 12: 9-16.

2. Y. Kitomi, A. Ogawa, H. Kitano and Y. Inukai (2008) CRL4 regulates crown root formation through auxin transport in rice. Plant Root. 2: 19-28.

3. 小川敦史,田口悟,川島長治(2007)腎臓病透析患者のための低カリウム含有量ホウレンソウの栽培方法の確立.日本作物学会紀事76: 232-237.

4. 小川敦史,川島長治,北道欣士,豊福恭子,山内章(2007)浸透圧ストレス条件下での作物根の生育における浸透圧調節,細胞分裂,糖の蓄積の生理学的意義.根の研究 16: 47-58.

5. 小川敦史(2006)根系サンプリング時における固定および染色によって乾物重に変化はあるか? 根の研究 15:125-128.

6. A. Ogawa and A. Yamauchi (2006) Root osmotic adjustment under osmotic stress in maize seedlings. 1. Transient change of growth and water relations in roots in response to osmotic stress. Plant Production Science 9: 27-38.

7. A. Ogawa and A. Yamauchi (2006) Root osmotic adjustment under osmotic stress in maize seedlings. 2. Mode of accumulation of several solutes for osmotic adjustment in the root. Plant Production Science 9: 39-46.

8. A. Ogawa, K. Kitamichi, K. Toyofuku and C. Kawashima (2006) Quantitative analysis of cell division and cell death in seminal root of rye under salt stress. Plant Production Science 9: 56-64.

9. A. Ogawa, C. Kawashima and A. Yamauchi (2005) Sugar accumulation along the seminal root axis, as affected by osmotic stress in maize: A possible physiological basis for plastic lateral root development. Plant Production Science 8: 173-180.

10. 桜井健二,小川敦史,川島長治,茅野充男 (2005) 生分解性鉢による育苗がトマトの生育ならびに養分含有率に及ぼす影響.第1報 定植前の生育.園芸学研究.4: 271-274.

11. 桜井健二,小川敦史,川島長治,茅野充男 (2005) 生分解性鉢による育苗がトマトの生育ならびに養分含有率に及ぼす影響.第2報 定植後の生育.園芸学研究.4: 275-279.

学会活動

日本作物学会会員
根研究会会員

社会活動

その他特記事項